古事記をそのまま読む サイト内検索
《トップ》 目次など 《関連ページ》 魏志倭人伝をそのまま読む

2022.08.17(wed) [252] 書紀巻二十三 舒明天皇 

 古事記には、日子人太子〔押坂彦人大兄皇子〕の王子の系図が明示されている(右図)。
 このうち、智奴王(茅渟王)と舒明天皇を除いては書紀には載らない。 これを、一時は日子人太子を天皇とする案があった名残ではないかと見た(第242回)。
 記におけるこのような扱いは、上宮家系列ではなく、彦人皇子系列にこそ皇位継承の正統性があることを強調するものになっている。
 古事記が執筆された時代に仏教を排斥することは、既に全く現実的ではないが、それでも高天原神学的な世界観を再興する役割を古事記執筆陣は自覚していたと見られる。 蘇我氏と上宮家については、仏教派として無視されたと見ることもできよう。

【書紀ー舒明天皇記】 目次

まとめ
 〈舒明天皇記〉では、その前半を即位前の山背大兄王との皇位継承争いに割いている。 結論としては、推古帝の遺詔を根拠として彦人皇子系列に正統性があるとする。
 古事記においては、押坂彦人大兄皇子-舒明天皇の家系を書くことによってその正統性を表現したと見ることができる。
 後に〈天武天皇〉は覇王として皇位を奪取するが、家として見れば押坂彦人王朝の内輪もめである。 よって〈舒明〉即位の正統性の確保は欠かせない。
 書紀の出発点は、その〈天武〉が大国唐に対抗し得る国造りが急がれた中で、その一環としての国史編纂であった。 宗教面では伊勢神宮の復興など、民族の意識の原点としての神道への回帰を重視する。古事記の役割は、その要請に応えるところにあった。
 ただ、国の仏教化は既に後戻りができず、〈舒明〉は仏教を蘇我氏から切り離した形で官寺百済寺を建立した。 〈天武〉も仏教の弾圧へは向わず、むしろ「-設-斎於飛鳥寺、以読一切経」(六年)と述べるように仏教振興に積極的である。 国際情勢を見れば、国を二分する争いをしているときではない。
 その点は古事記にとっては痛しかゆしで、天皇系列は〈舒明〉で止め、物語として書く内容は、既に〈継体天皇〉からなくなった。 だから、題名も国が仏教化する前の「古事ふること」の「ふみ」となったのである。



2022.08.18(thu) [253] 書紀巻二十四 皇極天皇 

皇極天皇紀
即位前
元年正月~二月二日
元年二月六日~二十七日
元年三月~六月
元年七月
元年八月
元年九月~十一月
元年十二月
元年是歳
10二年正月~六月
11二年七月~九月
12二年十月
13二年十一月(一)
14二年十一月(二)
15二年十一月(三)
16二年是歳
17三年正月(一)年
18三年正月(二)
19三年三月
20三年六月
21三年七月
22三年十一月
23四年正月~六月八日
24四年六月十二日(一)
25四年六月十二日(二)
26四年六月十二日是日
27四年六月十三日年
28四年六月十四日
【書紀―即位前】
皇極1目次 《天豐財重日足姫天皇》
足姫天皇… 〈岩崎本〔以下岩〕天豊財重日足姫アメ.トヨ.タカラ.イカシ.ヒタラシヒメ.ノ天皇
■太珠敷天皇[ノ]- ヒゝコ [切]押坂[ノ]■子[ノ][切]
[ノ][ナリ][句]
イロハ
〈北野本〔以下北〕トヨタカラ重日イカシヒ足姫タラシヒメ天皇クラフトタマ シキノ天皇
曽孫 ヒゝコ オシサカ ヒコ大兄オヒネ皇子孫茅渟チヌ王女也母曰吉備姫オホキミ

おほえ(大兄)…[名]
〈時代別上代〉「日本書紀古訓には」「オヒネ・オホヒネの訓がある。
順考… 〈岩〉-考カゝヘ[ノ][ニ]/ヲサメ \/タマフ シタマ [ヲ]
〈北〉-考カゝヘ〔カンガヘ〕古道而為政也ヲサメタマフ
〈内閣文庫本〔以下閣〕ヲサメタマフ
天豐財重日
【重日云此伊柯之比】
足姬天皇
渟中倉太珠敷天皇曾孫 押坂彥人大兄皇子孫
茅渟王女也。
母曰吉備姬王。
天皇順考古道而爲政也。
天豊財重日(あめとよたからいかしひ)
【重日、此(こ)を伊柯之比(いかしひ)と云ふ。】
足姫天皇(たらしひめのすめらみこと)、
渟中倉太珠敷天皇(ぬなくらたましきのすめらみこと)〔敏達〕の曽孫(ひひこ)、
押坂彦人大兄(おしさかのひこひとおほえ)の皇子(みこ)の孫(ひこ)、
茅渟王(ちぬのみこ)の女(むすめ)なり[也]。
母(みはは)は吉備姫王(きびひめのみこ)と曰ひたまふ。
天皇(すめらみこと)古(いにしへ)の道の順考(まにまにかむが)へて[而]政(まつりごと)を為(し)たまふ[也]。
立為皇后… 〈岩〉息■■日廣額天皇二年[二][テ]タ フタマ皇后[ト][句]十三年[ノ]十月[二][切]息長足日廣額[ノ]天皇[切][ヌ]
息長足日廣額天皇二年。
立爲皇后。
十三年十月。
息長足日廣額天皇崩。
息長足日広額天皇(おきながたらしひひろぬかのすめらみこと)〔舒明〕二年(ふたとせ)。
立たして皇后(おほきさき)と為(な)したまふ。
十三年(ととせあまりみとせ)十月(かむなづき)。
息長足日廣額天皇崩(ほうず、かむあがりしたまふ)。

《皇極天皇》
 皇極天皇〔宝皇女〕の祖父とされる押坂彦人大兄皇子は敏達天皇の皇子で、 242回では、「麻呂古」、「太子」という呼称から皇太子並みの立場にあったと見た。 また、用明天皇2では、「成相墓〔延喜式諸陵寮〕の広大な兆域は直轄田を表すもので、 「この墓と兆域の規模には、実は大王ではなかったかと思わせるものが」あり、記紀による検討段階では天皇に挙げる案もあったのではないかと見た。 ただ、中央から離れた広瀬郡に宮を置いたことから皇位争いには超然として、広瀬郡においていわば独立王国を維持したようである。 それでも高貴な血筋は認められていたと見られ、王子である田村皇子〔舒明天皇〕が、大王〔天皇〕に推挙される条件は十分にあったと見てよいだろう。
 宝皇女〔皇極〕は、押坂彦人大兄皇子の孫かつ舒明の皇后として、彦人皇子王朝の一員であった。 その後継のエースとして開別皇子〔天智〕が予定されていたが、まだ若年なので〈皇極〉が中繋ぎとして即位したと読める。 後に〈持統〉〔〈天武〉の皇后〕が文武天皇までの間を繋いだのと、同じパターンと見られる。
《吉備姫王》
 御母の吉備姫王については、『本朝皇胤紹運録』〔1426〕の『群書類従』版国立国会図書館デジタルコレクションは、 「母吉備姫女王。欽明孫。桜井皇子女也」とする。 ところが「文亀壬戌林鐘中旬」〔二年六月中旬[第14回];1502〕の写本国立国会図書館デジタルコレクションは、単に「母曰吉備姫王」である。 桜井皇子は確かに欽明天皇の皇子で、母は堅塩媛で〈用明〉・〈推古〉の同腹弟にあたる(〈欽明二年〉)
 このように「欽明-桜井皇子-吉備姫王」は、『本朝皇胤紹運録』の初期の写本にはなく、いかなる根拠によってどの時点で加えられたかははっきりしない。
《王》
 「」の訓みは天皇の子ならミコ、代を重ねるとオホキミに転ずる。 その境目は、〈履中紀六年〉の《鯽魚磯別王・鷲住王》の項で論じたように曖昧である。
 田村皇子(舒明天皇)は、天皇の孫だがミコである。田村王と表記された場合も「タムラノミコ」と訓まれるべきものであろう。 一方、茅渟王は田村皇子と同じく敏達天皇の孫だが、こちらの古訓は〔ホキミ〕である。
 の古訓においては、の代はミコ孫以降オホキミ、ただし孫でも天皇の候補の場合はミコという基準がうっすら見えて来る。 しかし、ミコはもともと御子であるから、天皇からの直接的な結縁を意識する場合はミコで差し支えないと思われる。
 なお、吉備姫王にこれを適用すると、古訓「キビヒメノヒメミコ」となるが、不自然なのでキビヒメノミコで十分であろう。
《彦人皇子王朝》
 太子の上宮家はもともと蘇我氏の身内であったが、蘇我蝦夷はバランス感覚により勢力図を見て敢えて舒明天皇を擁立した。
 だから蝦夷は山背大兄王にも丁寧な態度で接したわけだが、その子蘇我入鹿は近視眼的で、上宮家を敵対勢力と考えて亡ぼしたようである。 彦人皇子王朝から見ればこれは蘇我氏の内輪もめだから、蘇我氏を潰すための絶好のチャンスである。 そこから入鹿の殺害に至ったのであろう。
 概ねこの流れであろうが、〈皇極紀〉を読み進む中で、朝廷と蘇我氏との関係を細かく読み解いていきたい。
《かむがふ》
 「かむがふ」は、裁判などにおける査問を意味する。 また、学問における探求の意味に使われる。現代語の「考える」に繋がるのは明らかである。
 〈時代別上代〉は「上代にこの語の存在した確証はないが、次期において法制関係の使用例ははなはだ多い〔上代では仮名書きがないから確かなことは言えないが、平安時代に裁判関係で大変多く使われているのを見ると、あるいは上代から存在したかも知れない〕 と述べる。
 古訓のカゝヘは、平安時代の表記では撥音のが省かれたことによると思われる。
《順考古道》
敏達仏法而愛文史
用明仏法神道
皇極-考古道
孝徳仏法神道
天武よくす天文遁甲
 書紀では〈欽明〉以後の数人の天皇について、宗教の傾向を記している(右表)。
 〈孝徳天皇〉の「仏法。軽神道」とは対照的に、皇極天皇の「-考古道」は、神道寄りかと思われる。 ただ、〈斉明天皇〉〔皇極の重祚〕 の時代の亀形石造物や酒船石遺跡の石垣を見ると(資料[54])、〈皇極〉は神道とも異質な宗教に惹かれていたように見える。
 また蘇我入鹿の誅殺を絡めると、蘇我氏憎しが昂じて仏教への反発に及んだようにも思えるが、これの検討はこれから書紀を読み進む中の一つのテーマである。
《大意》
 天豊財重日 足姫天皇(あめとよたからいかしひたらしひめのすめらみこと)は、 渟中倉太珠敷天皇(ぬなくらたましきのすめらみこと)〔敏達〕の曽孫であり、 押坂彦人大兄(おしさかのひこひとおほえ)の皇子(みこ)の孫であり、 茅渟王(ちぬのみこ)の娘です。
 母は吉備姫王(きびひめのみこ)といわれます。
 天皇(すめらみこと)は、古(いにしえ)の道に順じて考え、政(まつりごと)をなされました。
 息長足日広額天皇(おきながたらしひひろぬかのすめらみこと)〔舒明〕の二年、 皇后となられました。
 十三年十月、 息長足日広額天皇は崩じました。


まとめ
 古事記が描く時代は終了した。しかし、記が最後とした舒明天皇の後も、仏教と神道との相克は続く。
 記は伊勢神宮の再興とも関りが深く、仏教は脇に置いて神道に新たな光を当てた書であった。 記のカバーする期間は終わったが、ここから太安万侶が記の執筆に勤しんだ頃までの時代環境を知ることは、記をより深く理解することに資するであろう。 よって、書紀の残りの部分を精読することもまた、記の内容を探求する活動の構成部分となる。
 ひとまず第251回で「古事記をそのまま読む ―完―」をうたったが、その精神を生み出した土壌の掘り下げはまだ続く。