古事記をそのまま読む サイト内検索

《トップ》 目次など 《関連ページ》 魏志倭人伝をそのまま読む

[118]  中つ巻(垂仁天皇3)

2016.03.19(sat) [119] 中つ巻(垂仁天皇4) 

故 率遊其御子之狀者
在於尾張之相津二俣榲作二俣小舟而持上來
以浮倭之市師池輕池 率遊其御子
然 是御子 八拳鬚至于心前眞事登波受【此三字以音】
故 今聞高往鵠之音始爲阿藝登比【自阿下四字以音】
爾遣山邊之大鶙【此者人名】令取其鳥
故是人追尋其鵠 自木國到針間國 亦追越稻羽國卽到旦波國多遲麻國
追廻東方到近淡海國乃越三野國自尾張國傳以追科野國
遂追到高志國而於和那美之水門張網 取其鳥而持上獻
故 號其水門謂和那美之水門也
亦見其鳥者 於思物言而 如思爾勿言事


故(かれ)、其の御子を率(ゐ)遊(あそ)ばしし[之]状(さま)者(は)、
[於]尾張(をはり)之(の)相津(あひづ)に在る二俣榲(ふたまたすぎ)を二俣(ふたまた)の小舟(をふね)に作りて[而]持ち上げ来(き)、
以(も)ちて倭(やまと)之(の)市師池(いちしいけ)軽池に浮け、其の御子を率遊ばす。
然(しかれども)、是の御子、八拳(やつか)の鬚(ひげ)[于]心前(むなさき)に至るも真事(まこと)登波受(とはず)【此の三字(みじ)音(こゑ)を以(もち)ゐる。】。
故(かれ)、今高く往(ゆ)く鵠(くくひ)之(の)音(こゑ)を聞き、始めて阿芸登比(あきとひ)為(す)【阿自(より)下(しもつかた)四字(よじ)音を以ゐる。】。
爾(かれ)、山辺(やまのへ)之大鶙(おほたか)【此者(は)人の名。】を遣はし、其の鳥を取ら令む。
故、是の人其の鵠を追ひ尋ね、木国(きのくに)自(ゆ)針間国(はりまのくに)に到り、[亦]稲羽国(いなばのくに)を追ひ越え[即ち]旦波国(たにはのくに)多遅麻国(たぢまのくに)に到り、
東方(あづまのかた)を追ひ廻(めぐ)り近淡海国(ちかつあふみのくに)に到り、[乃(すなはち)]三野国(みののくに)を超え、尾張国(をはりのくに)自(ゆ)伝(つた)ひ[以ちて]科野国(しなののくに)に追ひ、
遂に高志国(こしのくに)に追ひ到りて[而][於]和那美(わなみ)之(の)水門(みなと)に網を張り、其の鳥を取りて[而]持ち上げ献(まつ)る。
故、其の水門(みなと)を号(なづ)け謂(いはく)和那美之水門といふ也(なり)。
亦(また)其の鳥を見て者(ば)、[於(ここに)]物言はむと思(おも)へど[而]、思ふが如くに[爾]勿言事(こといふことなし)。


於是天皇患賜而御寢之時 覺于御夢曰
修理我宮如天皇之御舍者 御子必眞事登波牟【自登下三字以音】如此覺
時 布斗摩邇々占相而求何神之心 爾祟出雲大神之御心
故 其御子令拜其大神宮將遣之時 令副誰人者吉爾曙立王食ト
故 科曙立王令宇氣比白【宇氣比三字以音】
因拜此大神誠有驗者 住是鷺巢池之樹鷺乎宇氣比落
如此詔之時宇氣比其鷺墮地死 又詔之宇氣比活爾者宇氣比者更活
又在甜白檮之前葉廣熊白檮 令宇氣比枯亦令宇氣比生
爾名賜曙立王 謂倭者師木登美豐朝倉曙立王【登美二字以音】

於是(ここに)天皇(すめらみこと)患(わづら)ひ賜(たま)ひて[而]御寝之(みねせし)時、[于]御夢(みいめ)に覚(あらはれ)曰(のらく)
「我が宮(みや)を天皇之(の)御舍(みあらか)が如(ごと)修理(つくろ)へ者(ば)、御子必ず真事(まこと)登波牟(とはむ)【登自り下三字音を以ゐる。】」と、
此(こ)の如(ごと)に覚(あらは)る。
時に、布斗摩邇邇(ふとまにに)占相(うらな)ひて[而]求(ま)ぎたまはく「何(いかなる)神之心(かみのこころ)ありや」とまぎたまひ、「祟(たたり)は出雲大神(いづものおほみかみ)之(の)御心なり」と爾(しかのごとくす)。
故(かれ)、其の御子をして其の大神(おほみかみ)の宮を拝(をろが)ま令(し)め、将遣(つかはさむとせ)し[之]時、誰人(たれ)を副(そ)は令(し)め者(ば)吉(よし)やと爾(しかのごとくすれ)ば、曙立王(あけたつのみこ)とト(うら)を食(を)す。
故(かれ)、曙立王に科(おほ)し、宇気比(うけひ)白(まを)さ令(し)むらく、【宇気比の三字(みじ)音を以ゐる。】
「此の大神を拝(をろがむ)に因(よ)り、誠に験(しるし)有ら者(ば)、是(この)鷺巣池(たかのすのいけ)之(の)樹(き)に住む鷺(さぎ)乎(を)宇気比(うけひ)に落とせ」とまをさしむ。
此の如に詔(のたまひし)[之]時、宇気比に其の鷺(さぎ)地(つち)に墮ち死にす。又(また)詔(のたまはく)[之]宇気比に活けよと爾(しかのごとくすれ)者(ば)宇気比者(は)更に活(い)く。
又、甜白檮之前(あまかしのさき)に在る葉広(はひろ)の熊(くま)白檮(しらかし)、宇気比に枯ら令(し)め、亦(また)宇気比に生(お)ひ令む。
爾(しかるがゆゑに)、曙立王に名づけ賜(たま)ひ謂(いはく)、倭(やまと)者(は)師木登美豊朝倉(しきとみとよあさくら)の曙立王(あけたつのみこ)をたまふ【登美の二字(ふたじ)音を以ゐる。】。

 さて、その御子を連れて遊ばせられる様子は、 尾張の相津(あいず)にある二俣杉(ふたまたすぎ)を二股の小舟に作り運び上げ、 倭(やまと)の市師池や軽池に浮かせ、その御子を連れて遊ばせられました。
 しかし、この御子は成長した後も言葉が不自由でした。 あるとき、ちょうど高く飛んでいく鵠(くくい、白鳥)の鳴き声を聞き、初めてカタコトを話しました。
 そこで山辺の大鶙(おおたか)【人名】を遣わして、その鳥を捕えに行かせました。 この人はその鵠を追い尋ね、紀伊の国を経て播磨の国に到り、因幡の国を追いつつ越えて丹波と但馬の国に到り、 東方に追いつつ回り、近江の国に到り、またまた美濃の国を越え、尾張の国を経て伝い信濃の国に追ひ、 遂に越の国に追い到り、和那美(わなみ)の港に網を張り、その鳥を捕え、それを持って参上しました。
 それ故、その港を名付けて和那美の港と言います。
 もう一度この鳥を見たら言葉を話すだろうと思ったのですが、思ったように言葉を話すことはありませんでした。
 そこで天皇は思い悩まれ、お眠りなされたとき、御夢に神が現れ告げられました。 「私の宮を天皇の宮殿のように立派に造営しなおせば、御子は必ず言葉を話すであろう。」と、このように現れました。
 そこで、太占(ふとまに)で占いして求めました。「何という神の心か。」と。すると「祟りは、出雲大神(いづものおおみかみ)の御心なり」と太占の結果が出ました。 そこで、御子にその大神の宮を参拝させるために遣わそうとして、誰を付き添いさせたら吉かと、また占ったところ、曙立王(あけたつのみこ)を吉とする占いを得ました。
 よって曙立王を呼び出し、このように誓(うけひ)申すよう命じました。 「この大神を拝むことに、真(まこと)に験(しるし)あれば、是(この)鷺巣(たかのす)池の樹に住む鷺(さぎ)を誓に落とせ」と。 このように詔(みことのり)された時、誓にその鷺は地に墮ち、死にました。また同じく「誓に生きよ」と詔されると、誓は更に生き返りました。
 また、甘樫丘の岬に在る葉広のくま白樫(しらかし)を誓に枯らせ、また誓に茂らせました。
 このようにして、曙立王に、倭(やまと)は師木登美豊朝倉(しきとみとよあさくら)の曙立王と名付けられました。


ふたまたふね(両枝船)…[名]〈時代別上代〉二股に分かれた木をそのまま二股の丸木舟に作ったもの。
八拳鬚至于心前…「年齢を重ねた後も」を意味する慣用句。(第44回)
…(古訓) こころ。むね。
こととふ…[自] 言語能力をもつ。(万)0811 許等〃波奴 樹尓波安里等母 こととはぬ きにはありとも
…〈倭名類聚抄〉【日本紀私記云久々比】大鳥也〈丙本〉鳴_鵠【久々〟比】
くくひ…[名] 白鳥
あきとふ…[自]ハ四 幼児などが片言を言う。
鵳鶙(けんてい)は鳥の名。ハイタカ。
みと(水門、水戸)、みなと(水門、湊)…[名] ①水の出入りするところ。②船の停泊に適したところ。
…[動] 在る。なす。[前] おいて。[助] 語調を整える。(古訓) おいて。ここに。もとむ。を。
…(古訓) しかうして。しかのことき。しかり。
逢妻町の位置と周囲の河川
わづらふ(煩ふ)…[自]ハ四 思い苦しむ。
…(古訓) あらはる。おもふ。さむ。
修理…(古訓) つくろふ。
あらか(殿)…[名] 居所。用例はすべて神・天皇など貴人の居所についていう。
…〈倭名類聚抄〉【音路和名佐木】〔さき〕色純白其声似人呼喚者也。
さぎ(鷺)…[名] サギ科の鳥。
…(古訓) あまし。むまし。
くま…[接頭] 大きい。

【尾張の相津】
 大和国の尾張は、神武即位前紀に、葛城邑の古い名として「高尾張邑」が出てきた (第99回〈19〉)。 葛城県は、現在の御所市・葛城市にあたる。
 しかし、数行下に「尾張国」が出てくるから、ここは尾張国であろう。
 次に、尾張に「相津」があるのかという問題がある。倭名類聚抄にアヒヅは、{陸奥国・会津【阿比豆】郡}のみである。
 また、現代の地名をネット辞書「weblio」の地名辞典に見ると、全国に会津は会津若松(福島県)のみである。 しかし、愛知県刈谷市に「逢妻」がある。もしもこの地名の成り立ちがアイヅ+マならば、候補になり得る。
 そこで、逢妻の由来を探ってみると、石ヶ瀬川、境川、五ヶ村川、逢妻川の合流地点にあり、アイ(合う)+ツ(津)+マ(間)の転だという説明に出会った (『
目からウロコの地名由来』-逢妻)。
 刈谷市は三河国碧海郡だが、境川を挟んで尾張国知多郡の東浦町と接する。 そして両国から流れる川が、合流して衣浦湾に注ぐ。
 だからアヒツは川の「合ひ津」〔津=港〕で、集まってきた川に挟まれた土地が「アヒヅマ」と呼ばれたと考えられる。 現代では河川の流路が分離されているが、古代は合流して広い面積を占めていて、衣浦湾からの船着き場があったのであろう。
 相津は木材の産出港かも知れないので、その海上の移動を想定すると衣浦湾から伊勢湾を横断し、伊勢国で水揚げするという経路が考え得るが、 伊勢国から大和国までは急峻な山地を越えねばならず、あまり現実的ではない。
 しかし、次の項で述べるように、尾張国からの二股杉の運び込みはあり得る。

【二俣榲】
《古事記伝》
 宣長は関係ありそうな地名として、中嶋郡の二俣村を挙げる。また、春日部郡に杉村、文津村(アヤツは相津の訛りか)を見出し、「由ある名には、あらぬにや」と述べる。 二俣榲自体については、 「其一本のかぎりを、二俣の随に、れる船なるべし〔一本の杉を、その二股の形の随(まま)に(ほ)って舟にした〕とする。
《連理木か》
慶雲元年(704)阿波国献木連理。
和銅五年(712)美濃国献木連理并白鴈。
和銅六年(713)近江国献木連理十二株。
天平三年(731)美作国献木連理。
天平六年(734)但馬。安芸。長門等三国、各献木連理。
宝亀三年(771)山背国言木連理。
宝亀四年(773)備前国言木連理。
天応元年(781)近江国言木連理。
 「二股」の形に、何らかの意味があるかも知れない。そう考えると、序文の「連柯」が想起される (第23回)。
 連柯は連理木とも言い、二本の独立した木が、空中で結合したものである。合体後に木目が通じているところ連理、理は木目〕が、奇跡とされる。
 そこで続日本紀で連理木を探すと、各地からの献上或いは発見の報告が8件ある(右表)。おそらく長さ数メートルに及ぶものを、美濃・近江・美作等の遠隔地から平城京まで運ぶのであるから、その尊さが分かる。 そのような背景があれば、垂仁天皇親子は、尾張から献上された連理木を丸木舟にして遊んだと読めむこともできる。 記の序文に連柯への言及があるのだから、続紀以前から献上があったことは、十分考えられる。
 なお、続紀の宝亀三年以降は報告のみになっているので、連理木の霊力は薄れつつあったのだろうか。

【率遊】
《遊》
 「あそばす」は「遊ぶ」の尊敬語。 また、先行動詞があるときは、事実上尊敬の補助動詞のように思えるが、辞書では「為(す)」の尊敬語と説明される。
 ここでは「」に尊敬の意を加えるとともに、当然舟遊びの意味を含んでいる。
《構文》
 「率遊状者、して率遊。」と、目的語を挟み込む構文になっている。 この形は「曰・云・言・詔・白」に類似する。

【市師池・軽池】
五畿内志の古地名に対応する現在の地域
 後に市師池を包含する大規模ダム、磐余池が作られる。その一部分の名称として残ったか。一方、軽池は剣池の近くにあったが、消滅したと思われる (第115回《市師池》)。
《市師池をさらに探る》
 『古事記伝』には、市師池は「今も十市郡池内村にあり」と書かれる。  磐余池の堤跡と見られる東池尻・池之内遺跡周辺には、南浦町・東池尻町・膳夫町(以上橿原市)、 池之内・橋本・吉備(以上桜井市)がある。同遺跡から想定される池の範囲は、南浦町と池之内にある。 磐余池・市師池に関する記述を『五畿内志』から拾い出し、同書により想定された場所を探る。
『五畿内志』二十五巻「大和国之十五/十市郡」の見解 五畿内志には、現在の地名に対応する橋本南浦【属邑一】、膳夫吉備の各村が見える。
市磯池(市師池)は【古蹟】に「市磯池/在池内村石寸イハキ 掖上山モギ亦隣于此〔池内村に在り、石寸掖上山また此れに隣(となり)す。〕
陵墓】に「石寸脇上荒陵/在谷長門二邑界-葬用明天皇事見古事記〔谷・長門二村の境に在り。用明天皇の殯葬(かりもがり)せし事、古事記に見ゆ。〕
記の用明天皇段に「御陵在石寸掖上科長」とある。
書紀では用明天皇〔橘豊日天皇〕に「于磐余池上陵」。そして推古天皇紀に「-葬橘豊日天皇於河内磯長陵」。
 以上から『五畿内志』の見解をまとめると、次のようになる。
市磯池は池内村にあり、磐余池=市磯池である。
書紀では、用明天皇の仮陵は磐余池の畔にあるとされることから、「石寸掖上陵」は市磯池に隣接する荒陵〔荒廃した陵〕である。
その石寸掖上陵は、谷村・長門村の境界にある。
「石寸」の訓みについて…式内社「石寸山口神社」の「石寸」は「イハレ」と訓まれている。
 現在池之内に市師池らしき池はないが、五畿内志(1720~21)、そして古事記伝(1798)の時代にはまだ存在したようだ。東池尻・池之内遺跡によって推定された磐余池の池域のうち、一部が残存して市磯池と呼ばれていたと思われる。

【八拳鬚至于心前】
 出雲国風土記に、類似する話がある (第63回出雲国風土記■三津郷■)。 曰く「御須髪八握于生 昼夜哭坐之 辞不通〔成長しても昼夜泣いてばかりで言葉が通じない〕
 書紀では「髯鬚八掬」の後に「猶泣如児」が付け加えられ、ますます出雲国風土記と似る。 同風土記は、「御祖命御子 乗船而率巡八十嶋 宇良加志給鞆うらかしたまへども なほ不止哭之〔大穴持命=大国主命は御子を船に乗せ、八十島をめぐり喜ばせようとしたが、泣くばかりであった〕と、船に乗せた他、「率」の字を使用するところまで共通している。 風土記の編纂が命じられたのは713年で、古事記成立の712年の直後であるが、風土記は地元の地理の報告書なので古事記を真似たとは考えにくく、もとから出雲に伝わっていた話だと思われる。 古事記の方が、出雲固有の伝説を借用したのだろう。

ククヒ=白鳥
【白鳥の追跡】
《山辺之大鶙(おほたか)》
 ククヒを捕えに行くという役割を使者の役割に、「大鷹」の名は似合っている。 書紀では、この役割を命じられたのは鳥取部の祖、湯河板挙となっている。首尾よくククヒを捕えて献上したから、それに因んで鳥取部の始祖としたのであろう。
《「追」の表現》
 延々と白鳥を追い続ける場面で、文章は次のように区切られる。
 「追尋…到」、「追越…到」、「追廻…到」、「越・伝…到」。 このように、動詞を「おひたづねおひこしおひめぐり」 と変える。この使い分けに特段の理由はなく、語感を優雅にするためと見られる。
《丹波国・但馬国》
 ここだけ後戻りしていて、不自然である。 またこの2国だけは動詞・接続詞を挟まず、直結している。但馬国はもともと675年ごろまでに、丹波国から分離した。 もともと「丹波国」と書かれていたものを、国を分割した事実に合わせて「丹波国但馬国」と書き換えたかも知れない。
《高志国》
 高志国は大宝律令(701)で、越前・越中・越後が成立したとされる。 『続日本紀』で、越前国の初出は大宝元年(701)八月辛丑朔辛酉(21日)の暴風雨の記事中。 越中国・越後国の初出は大宝二年(702)「越中国四郡越後国」。 その後越前国から能登国、後に加賀国が分かれた。能登国の成立(757)は、複雑な経過を辿る(第110回能登臣」)。 加賀国が能登国から分かれたのは弘仁十四年(823)(第110回《国造本紀の読み方》)。 『国造本紀』には、難波朝(650ごろ)に加賀国が越前国に吸収された(「越前国」)という記述もあるが、その時点ではまだ「国」は「郡」程度を指すことがあり、あいまいである。
 以上から、記編纂期は「越」地域に越前・越中・越後の三国が成立した頃で、能登国・加賀国はまだ存在していない。
《追跡経路》
 くぐいの追跡の話を借りて、事実上崇神・垂仁朝の頃の勢力圏を示していると思われる。 すると、東の境界は尾張と越後までである。関東は日本武尊による制圧を待つわけだ。
 すると、平城山・和泉川の戦いの性格が判明する。 即ち、相手の支配範囲は平城山以北の広大な地域ではなく、せいぜい木津川の北までの局所的な豪族であった。 その一族は服属する前の和邇氏であろうとは、これまでに考えてきたところである。
 なお、出雲は、ここでは纏向政権の外となっている。

【和那美之水門】
《和那美》
 地名由来譚は、「わなみ」を「罠+網」と語呂合わせしたものであろう。
 地名を探すと、延喜式神名帳に「但馬国/養父郡/和奈美神社」があるが、越まで追いかけて最後に但馬国で捕えるのは不自然である。 ただ、書記の一云(あるいはく)に「于但馬国」とあるのは、但馬国に和奈美神社が存在するからであろう。
 「わなみ」は、倭名類聚抄にはない。現在の地名から探すと、わなみ運動広場という名の運動施設が新潟市西蒲区に見つかった(2005年の合併前は岩室村)。 その地名は「和納(わのう)」である。地元では「和納」が「わなみ」の訛ったものだとして、公共施設に古地名をつけたのだろう。
寛治三年七月越後絵図海岸線の推定図、および拡大(右)
 また、柏崎市の八坂神社〔同市西本町三丁目11番2号〕には、口が利けない皇子の民話が伝わる(『柏崎の民話』)。 そのあらすじは記紀をミックスし、皇子が話せるようになったところは書紀、捕獲場所の越後は記による。そしてその奇跡をもって八坂神社の起源譚とする。 珠城宮を「たましろの宮」、品牟都和気命を「しなずわけの命※※」と読むところは、記を読んだ誰かが噛み砕いて民話に仕立てた印象を受ける。 またこれらの訓はこの民話独自のものだから、作者は伝統にあまり考慮を払っていないようだ。だから、和奈美を柏市の鵜川河口としたのも我田引水であろう。
…「城」を「しろ」と読むようになったのは、平安遷都のさい「山背国」(やましろのくに)の表記を「山城国」に改めた後であると言われる。
※※…「つ」が濁るから「牟」は「ん」と訓んだが、平安時代までの書法により書かれなかった可能性がある。即ち「しなんづ」。

 他の候補地として、『白川風土記』(広瀬蒙斎著1768~1829)に、川口町の和南美を挙げていると言う。同地の現在の地名は、和南津である。
 和納に話を戻すと、水門は、港あるいは水門(すいもん)であるが、和納は内陸で大きな川もないところは、和納説にとって不利である。 しかし、古い地形ではどうだったかを確認してみる必要がある。
《寛治三年七月越後絵図など》
 そこで越後の古地図を探したところ、「寛治三年〔1089〕七月越後絵図」(以後〈寛治三年図〉) 「冷泉天皇康平三庚子年〔1060〕五月取調」(以下〈康平三年図〉)が見つかった。 類する図は何種類もあるが、海岸線自体はほぼ一致している。
 ここでは、『越後古代史之研究』(池田雨工著、1925)掲載図を用いる。 これらは偽書と言われるが、平安時代の古地図の海岸線を引き継いでいる可能性がある(資料1-05)。 〈寛治三年図〉に記入された古地名のうちいくつかは現代に通ずる。それらを手掛かりに現在の地図に当てはめてみると、 あのコシヒカリの産地の広大な越後平野は全域が海で、和納は海岸にあった(海岸線推定図)。
 ただ、〈康平三年図〉では古津が「津」とされるほか、大高津なども あるから、本当はこれらのどれかが和那美かも知れない。
 一方、和納付近に「和名〔わな〕がある。「和那美」は「わな海」を意味する可能性がある。 もしも〈康平三年図〉が平安時代の原図にかなり近いものならば、和那美=和納説が濃厚となる。
 なお、昔は越後海岸から佐渡までの海にも島があり、砂州でつながっていたようである。 これがあるから地名を除いた海岸線の形については偽作ではなく、平安時代の実資料によると思うのである。
《和那美が越後国にあることの裏付け》
 前述したように高志国は相当広い。しかし、
ククイを国の境界近くまで追ってやっと捕まえたというのが、物語の流れである。
美濃→尾張→信濃という経路から見て、次は越後である。
越後地方の民話を見ると、地元では越後国が舞台だと捉えている。
古地図の「和名」と現代の地名「和納」は和那美に通じ、和納は古くは海岸で、港があったとしても不思議はない。
 以上から、和那美は高志のうち越後国にあっただろうと考えるのが自然である。

【白鳥の追跡(補足)】
《現代のハクチョウの越冬地》
コハクチョウの越冬地
 日本で越冬するハクチョウは、オオハクチョウ・コハクチョウの二種類である。 日本には10~11月に飛来し越冬した後、4~5月ごろ飛去、シベリアで繁殖する。
 右の図は、いくつかのサイトの調査報告に基づき、コハクチョウの越冬地を大雑把に示したものである。 記紀編纂期と現在では、当然飛来地は異なるが、滋賀県・長野県・新潟県に越冬地があることが、この伝説との関連で注目される。 またハクチョウが渡りのために長距離飛んでいく様子が、この伝説に繋がったと思われる。 当時の人々の自然への関心と知恵は、現代をはるかに上回っていたと想像されので、 渡り鳥の越冬地や移動の経路も熟知していた。 その知識が、大鶙がククイを追う経路に反映したのではないだろうか。
《書紀では西へ追う》
 書紀では、記とは逆にくくいを西方に追い、出雲国、或いは但馬国で捕えたとされる。 出雲もまた、コハクチョウの現在の飛来地である。 もともとは出雲系の民話が、弥生時代の日本海王国の各地に伝搬していたのかも知れない。
 とすれば、出雲国風土記にも言葉を話せない御子の話があったり、但馬国に和那美神社があることが納得できる。

【亦見其鳥者於思物言而如思爾勿言事】
 「もう一度その鳥を見れば、物言うと思ったが、期待した通りに事を言うことはなかった。」という意味は明解であるが、字の並びは回りくどい。 「於思」は「思ひに於いて」。「爾」は次の項参照。このまま訓読すると、 「またその鳥を見ば、思ひにおきて物言はむとて、しかのごとしと思ふに如(し)きて事言ふことなし。」となる。しかし、古事記は本来物語体だからこのように分かりにくい読み方はあり得ず、噛み砕いて 「またその鳥を見てば、物言はむと思へども、しかる思ひの如く物言うことなし。」などと訓んだと思われる。

【食占】
 「(を)す」は、「飲食する・着る」の尊敬語。転じて「統治する」。ここでは、占いの結果を「得(う)」の尊敬語である。

【爾】
 第二段のいくつかのには接続詞ではなく、代動詞としての用法が見える。
 まず、6~7行目を見る。
 科曙立王令宇気比白因拝此大神誠有験者住是鷺巣池之樹鷺乎宇気比落如此詔之時宇気比※1其鷺墮地死
 〔曙立王に次のように誓(うけひ)申すよう命じた。「もし出雲の大神を拝むことが本当に験(しるし)を表すなら、鷺巣池の樹上に住む鷺は誓(うけひ)に落ちる」と。それを曙立王に命じると、誓の結果は鷺は地に落ちて死んだ〕
 詔之宇気比活爾※2者宇気比者※3更活
※1、※2、※3…《宣長説・異本等》の項参照
 に倣えばは、
B2 更科曙立王令宇気比白其鷺乎宇気比活如此詔之時宇気比其鷺活翔大虚
〔更に、曙立王に次のように誓(うけひ)申すよう命じた。「鷺は誓に生きる」と。それを曙立王に命じると、誓の結果は鷺は生きて空を飛んだ〕
などと書くべきところだ。
 B2を簡略化したのが、であるから、その意味は〔誓に生きるとし、前回と同様にすれば、誓の結果は更に生きた〕である。 つまり、は「前と同様にする」do itに相当する。訓読するには、それを上代語に直さなければならない。
 これがなかなか難問である。まず、万葉集を見ると「しかす」(然為)が多数あるが、すべて「しかすがに」〔=〈接続詞〉さすがに〕に組み込まれているので、切り離して使われることがあったとは判断できない。 次に古訓を見ると、(『名義抄』古訓)しかうして。しかのことき。」がある。 「しこうして」は平安時代以後の語だが、「しかくして」の音便なので、上代語に「しかくす」があったかも知れない。しかし確証がないので、「しかのごとくす」の方が安全である。
 また3行目の「令副誰人者吉曙立王食ト」のも、直前の「布斗摩邇邇占相而求」を受けたdo itである。
 だが、純正漢文では」は滅多に動詞にならないので、do itは「為爾」とすべきである。純正漢文を用いるならは「於誓詔活而為爾者更活」などが考えられる。
《省略書法》
 この段では冗長になることを避けて、do itを用いるが、他の個所では冗長になっても律儀に繰り返されることが多い。
 例えば、天照と須佐之男の誓の場面では、「佐賀美邇迦美而」が執拗に繰り返される (第46回)。 その場面は、天皇の神性に関わるところだから厳密性が要求され、省略は許されなかったのであろう。 ところが、こちらは省略書法を用いて比較的安易に書き飛ばされた。ということは、それほど重要ではないか、急かされていたとも考えられる。
 「爾の動詞化」は、漢文として通用するかどうかなどは気にせず、和語を漢字列で表す独自の方法が用いられた例である。 このような表し方を、突然安万侶一人が考え出したとしても、それでは誰も読むことができないから、すでに当時の和語の通常の表し方として存在していたわけである。
《宣長説・異本等》
 ※1…宣長はこの「宇気比」を、「後人のさかしら〔利口ぶること〕に、加へつる物なるべし」とする。
 ※2…宣長はこの「」も、「後人の加えつるなるべし、【故此をも今は除きて訓づ】」とする。
 ※3…この2つ目の「宇気比者」は、国立国会図書館の近代デジタルライブラリーで見る『真福寺本』には、存在する。しかし異本には、省かれているものがある。 宣長が引用した原文では省かれている。


<定義>占いの一種。命題に対して、未来に起こる現象を仮定し、が実現すればが実現しなければと判定する。
<例>花占い=相手は自分に好意を持っている。=花びらの数は奇数である。結果、花びらが奇数ならは真、偶数ならは偽である。
 まず、※1については、1個目の宇気比は、これから行う占いの結果が是なら「落ちる」非なら「落ちない」という予約を託す行為を指す。 それに対して2個目の宇気比は、その結果を示す。つまり「『落ちる』と宇気比し、宇気比の結果は『落ちて死んだ』であった」というつくりになっている。 だから、「宇気比」は2つあってよい。
 ※2は通常の用法とは異なるから、宣長が持て余したのも尤もである。本稿における検討結果は、前述の通りである。
 ※3については、省かれた写本は、筆写ミスによる重複だと見たのであろう。 しかし、この「宇気比者」もあった方がよい。爾は宇気比を託すことを意味し、2つ目の宇気比はその結果を示し、※1と同様である。 なお、の一つ目のは接続助詞、二つ目のは格助詞である。
 従って、宣長が言うような文字単位での後世の書き足しはないが、この段落全体の書き加えはあり得る。 なぜなら、「爾」に他の個所と異なる用法があるからである。

【出雲大神の復権】
 元の伝説では、くくいを捕えた時点で品牟都和気命が言葉を獲得し、ハッピーエンドを迎えただろう。 しかし結末を「亦見其鳥者於思物言而如思爾勿言事〔再びくくいを見れば話せるようになると期待したが、期待通りにはならなかった〕に変更し、今度は出雲大神をなおざりにしていたから言葉を話せないのだとする。
 このように木に竹を継がざるを得なかった理由は、出雲大神を復権させるために、その威力を信じさせる話が必要だったのだろう。 しかし、その内容も鷺を殺させ、また生き返らせて験とするのは命を弄び過ぎて心地よくない。
 そのためか書紀ではこの話を抹消し、「出雲大神の宝物を水底に打ち捨てたまま、大神を顧みなくなっていたのを童の歌によって気づかせる」話に差し替えている (崇神段第115回【書記(3)】)。 一方、くくい伝説の結末は、もともとの形に戻された。太安万侶は第1回日本紀講筵(721年)の博士(講義者)だから、書紀の作成にも関わっていたと考えられるので、 記の完成後になされた安万侶自身の再検討が、反映されたのかも知れない。

【曙立王】
 開化天皇段の系図によれば、「開化天皇―日子坐王―大俣王―曙立王」(第109回)。 曙立王は伊勢国の品遅部君・佐那造の祖とされている。

【占相】
甘樫丘
 占相が「うらなふ」と訓むとすれば用字法により、その語源は「うらにあふ」かと思われる。
 万葉集では、「(万)2507 玉桙 路徃占 占相 たまほこの みちゆきうらの うらまさに/みちゆきうらに うらなへば」があり、「占相」の訓みは二説がある。

【住是鷺巣池之樹鷺】
 神名帳に「大和国二百八十六座/高市郡五十四座/鷺栖神社」。 比定社は鷺栖神社(奈良県橿原市四分町305)。

【甜白檮之前】
曙立王の称号の地
 甘樫丘(あまかしのおか)は、奈良県高市郡明日香村豊浦にある標高148mの丘陵。 さき(岬)は、海に突き出す以外に陸上の地形も言う。
 地名が残っているから、甜白檮はアマシラカシではなく、アマカシであろう。しかし「白檮」はシラカシとは読まずに常にカシであったかと言うと、必ずしもそうではない。 景行天皇紀十七年三月条歌謡に、「志邏伽之餓延塢于受珥左勢〔白樫が枝をうずにさせ〕 があるので、シラカシという植物名があったことは確かである。しかし「甜白檮」ではカシで、すぐ後の「熊白檮」ではシラカシというのも抵抗感がある。それぞれが慣用として確立していれば、あり得ないことではないが。

【倭者師木登美豊朝倉曙立王】
 「者()」は語調を整えるためのもので、通常の呼び名は「倭」である。
 与えられた称号には、倭・師木・登美・朝倉と地名が4つもついている。泊瀬朝倉宮は雄略天皇の宮殿で、桜井市の脇本遺跡が候補地となっている。 登美は鳥見山古墳群(桜井茶臼山古墳・メスリ山古墳)があり、神武即位前紀で長髄彦と戦った場所。 狭義の倭は、大和神社の辺りだが、ここでは「大和国師木郡登美邑」出身という意味だろうか。 「豊」は美称である。
 出雲大神の験を引き出した功によって、曙立王は高く称えられたのである。

【書紀】
目次 《誉津別王-1》
つか(拳、握、掬)…[助数] 握りこぶしの指4本分の長さ。
つね(常)…[副] つねに。
有司…〈汉典〉官吏。古代設官分職、各有専司、故〔官吏の専門職を指す〕
有司…〈丙本神武〉有司【津加佐々々々】
おほどの(大殿)…[名] 大きな建物。宮殿。
たな(棚、板挙)…[名] 棚。
…(古訓) たまものす。よろこひ。
廿三年秋九月丙寅朔丁卯、詔群卿曰
「譽津別王、是生年既卅、髯鬚八掬、猶泣如兒、常不言、何由矣。」
因有司而議之。
冬十月乙丑朔壬申、天皇立於大殿前、譽津別皇子侍之。
時有鳴鵠、度大虛、皇子仰觀鵠曰「是何物耶。」
天皇則知皇子見鵠得言而喜之、詔左右曰「誰能捕是鳥獻之。」
於是、鳥取造祖天湯河板舉奏言「臣必捕而獻。」
卽天皇勅湯河板舉【板舉、此云拕儺】曰「汝獻是鳥、必敦賞矣。」
時湯河板舉、遠望鵠飛之方、追尋詣出雲而捕獲。或曰、得于但馬國。

二十三年秋九月(ながつき)丙寅(ひのえとら)を朔(つきたち)とし丁卯(ひのとう)のひ〔2日〕、群卿(まへつきみたち)に詔(のたまはく)[曰]
「誉津別王(ほむつわけのみこ)、是(これ)生(む)まれて年(よはひ)既に三十(みそち)にして、髯鬚(ひげ)八掬(やつか)に、猶(なほ)泣(いさち)ること児(わらは)の如く、常に不言(こといはざるは)、何由(なにゆゑなるや)[矣]。」とのたまひ、
因(よ)りて有司(つかさつかさ)に[而]之(これ)を議(はか)る。
冬十月(かむなづき)乙丑(きのとうし)朔壬申(みづのえさる)〔8日〕、天皇(すめらみこと)[於]大殿(おほどの)の前(さき)に立たし、誉津別皇子之を侍ちたまふ。
時に鳴きゆく鵠(くぐひ)有り、大虚(おほぞら)を度(わた)り、皇子(みこ)鵠を仰(あふ)ぎ観(み)て曰(いはく)「是(こは)何物(なに)耶(や)。」といふ。
天皇則(すなはち)皇子鵠を見て得(え)言(こといふ)を知りたまひて[而]之を喜び、左右(もとこ)に詔(のたまはく)[曰]「誰(たれ)か能(よく)是の鳥を捕へ[之を]献(まつ)らむや。」とのたまふ。
於是(ここに)、鳥取造(ととりべのみやつこ)の祖(おや)天湯河板挙(あめのゆかはたな)奏(まをさく)[言]「臣(やつかれ)必ず捕へて[而]献(まつ)らはむ。」とまをす。
即ち天皇湯河板挙【板挙、此(こ)を拕儺(たな)と云ふ。】に勅(みことのり)たまはく[曰]「汝(いまし)が是の鳥を献(まつ)れば、必ず敦(あつ)き賞(たまもの)たまはむ[矣]。」
時に湯河板挙、遠(とほ)く鵠の飛之方(とびゆきしかた)を望み、追ひ尋(たづ)ね出雲(いづも)に詣(ゆ)きて[而]捕獲(とら)ふ。或(ある)曰(いはく)、[于]但馬国(たぢまのくに)に得(う)。

十一月甲午朔乙未、湯河板舉、獻鵠也。
譽津別命、弄是鵠、遂得言語。

十一月(しもつき)甲午(きのえうま)朔乙未(きのとひつじ)〔2日〕、湯河板挙、鵠を献(まつ)る[也]。
誉津別命、是の鵠を弄(もてあそ)び、遂(つひ)に言語(ことば)を得(う)。

《大意》
 二十三年九月二日、群臣に告げられました。
「誉津別王(ほむつわけのみこ)は、生まれて齢既に三十にして、これほど大きくなってもなお童の如く泣き、ずっと言葉を話さないのはどうしてだろうか。」と。 よって、職官ごとにこれを議りました。
 十月八日、天皇は大殿(おおどの)の前に立たれ、誉津別皇子を侍っていました。 たまたま鳴きゆく鵠(くくい、白鳥)があり大空を渡り、皇子は鵠を仰ぎ見て「これは、何物か。」と言いました。
 天皇は、皇子が鵠を見て言葉を言えたことを知って喜び、周囲の者に「誰かこの鳥を捕え、献上することができる者はいないか。」と仰りました。 すると、鳥取造(ととりべのみやつこ)の祖、天湯河板挙(あめのゆかはたな)が奏上しました。「私めが必ず捕え、献上いたしましょう。」と。
 そこで、天皇は湯河板挙に勅(みことのり)を賜り、「お前がこの鳥を献上すれば、必ず厚く賞を授けよう。」と仰りました。
 そして湯河板挙は、遠く鵠の飛ぶ行方を望み見て追い尋ね、出雲に行き捕獲しました。あるいは、但馬(たじま)の国で捕えたとも言われます。 十一月二日、湯河板挙は鵠を献上しました。
 誉津別王はこの鵠を弄び、遂に言葉を得ることができました。


まとめ
 信濃、越後の遠き山を望み、見上げる空を渡る白鳥の姿…。農村の美しい風景が思い浮かぶ。 その自然の中から、白鳥をどこまでも追っていく男の物語が生まれたわけである。 その物語に出てくる地名を探っていくと、越後平野を海として描く古地図まで行きついた。
 また出雲古代王国の言い伝えに繋がり、白鳥の越冬地の分布や、纏向政権の頃の国の果てまでも見えてきて、大変奥深い世界であった。
 対照的に、後半の出雲大神の神威をテストした話は、どうも好きになれない。 もっと良い印象を与える話はなかったものかと思う。 「布斗摩邇邇~宇気比者更活」の部分は文章も複雑で、読み手を混乱させる。 また、「爾」で逃げずに、対句にしてリズム感を出せたはずである。 少なくとも、多くの部分ではそうしているので、ここだけは残念である。
 こうして見ると、実は記も「品牟都和気命 弄是鵠 遂得言語」で締めくくられ、書紀と一致していたかも知れない。 後になって誰かがこの部分以下を書き足して改竄した可能性を否定しきれないほど、書きぶりに特異な点がある。 このことに関しては、もう少し読み進んだ後に改めて検討したい。


2016.03.26(sat) [120] 中つ巻(垂仁天皇5) 

卽曙立王菟上王二王副其御子遣時
自那良戸遇跛盲 自大坂戸亦遇跛盲
唯木戸是掖月之吉戸ト而出行之時
毎到坐地定品遲部也

即ち曙立王(あけたつのみこ)菟上王(うなかみのみこ)の二王(ふたみこ)を其の御子(みこ)に副(そ)へ遣(つかは)したまひし時、
那良(なら)戸(と)自(ゆ)跛(あしなへ)盲(めひしぎ、めしひ)に遇(あ)ひ、大坂(おほさか)戸自(ゆ)亦(また)跛盲に遇ひたまふ。
唯(ただ)木戸(きと)是(これ)掖月(わきづき)之(の)吉(よき)戸(と)なりとト(うら)へて[而]出行之(いでましし)時、
到坐(いたります)地(ところ)毎(ごと)に品遅部(ほむちべ)を定めたまふ[也]。


故 到於出雲拜訖大神
還上之時肥河之中 作黑樔橋仕奉假宮而坐
爾出雲國造之祖名岐比佐都美 餝青葉山而立其河下
將獻大御食之時 其御子詔言
是於河下 如青葉山者見山非山
若坐出雲之石𥑎之曾宮
葦原色許男大神以伊都玖之祝大廷乎
問賜也
爾所遣御伴王等聞歡見喜而
御子者坐檳榔之長穗宮而 貢上驛使

故(かれ)、[於]出雲に到り大神(おほかみ)を拝(おろが)み訖(を)へ、
還(かへ)り上之(のぼりし)時、肥河(ひのかは)之(の)中に黒き樔橋(すばし)を作り、仮宮(かりみや)を仕(つか)へ奉りて[而]坐(いま)す。
爾(かれ)、出雲の国造(くにのみやつこ)之(の)祖(おや)、名は岐比佐都美(きひさつみ)、青葉(あをば)の山を飾りて[而]其の河下(かはしも)に立てり。
[将]大御食(おほみけ)を献(まつらむとせし)[之]時、其の御子(みこ)言(みこと)を詔(のたまはく)
「是(これ)[於]河下(かはしも)に青葉(あをば)の山の如(ごと)くなる者(は)、山に見えて山に非(あら)ず。
若(もしや)出雲之(の)石𥑎之(いはやの)曽宮(そのみや)に坐(まします)
葦原色許男(あしはらしこを)の大神(おほかみ)以(もち)、伊都玖之(いつくし)みする祝(はふり)の大廷(おほには)乎(か)。」
と問ひ賜(たま)ひき[也]。
爾(しかるがゆゑに)、所遣(つかはされし)御伴(みとも)の王(みこ)等(ら)、聞きて歓(よろこび)見て喜(よろこび)て[而]、
御子(みこ)者(は)檳榔(あぢまさ)之(の)長穂宮(ながほのみや)に坐(いま)して[而]、駅使(はやまづかひ)を貢(まつ)り上(のぼ)らしむ。

爾其御子一宿婚肥長比賣
故 竊伺其美人者蛇也
卽見畏遁逃
爾其肥長比賣患 光海原自船追來
故 益見畏以自山多和【此二字以音】
引越御船逃上行也
於是覆奏言
因拜大神大御子物詔 故參上來
故 天皇歡喜卽返菟上王令造神宮

爾(ここに)、其の御子一宿(ひとね)に肥長比売(ひながひめ)と婚(よば)ひ、
故(かれ)窃(ひそか)に其の美人(くはしめ)を伺(うかが)へ者(ば)蛇(をろち)也(なり)。
即ち見畏(おそりら)れ遁逃(にぐ)。
爾(しかるがゆゑに)、其の肥長比売患(わづら)ひ、海原(うなはら)を光(て)らし、船自(ゆ)追ひ来たり。
故(かれ)、益(ますます)に見畏(おそりらる)を以(も)ち山の多和(たわ)【此の二字(ふたじ)音(こゑ)を以ゐる。】自(ゆ)
御船(みふね)を引き越し逃げ上(のぼ)り行(いでま)しき[也]。
於是(ここに)覆奏言(かへりことまをさく)
「大神(おほかみ)を拝(おろが)むに因(よ)り大(おほ)御子(みこ)物(もの)詔(のたまひ)し故(ゆゑ)参(まゐ)上(のぼ)り来(けり)。」とまをす。
故(かれ)、天皇(すめらみこと)歓喜(よろこ)び[即ち]菟上(うなかみ)の王(みこ)を返(かへ)し神宮(かむむや)を造ら令(し)む。


於是天皇因其御子 定鳥取部鳥甘部品遲部大湯坐若湯坐

於是(ここに)天皇其の御子に因り、鳥取部(ととりべ)鳥甘部(とりかひべ)品遅部(ほむちべ)大湯坐(おほゆゑ)若湯坐(わかゆゑ)を定めたまふ。


 そこで、曙立王(あけたつのみこ)菟上王(うなかみのみこ)の二人を、品牟都和気王に付き添わせて派遣された時、 那良(なら)への道は、足萎の人、盲人に遇い、大坂(おほさか)への道でも、足萎の人、盲人に遇い、 ただ、紀国への道だけが脇月の吉の方向だと占いに顕れ、出発され、 滞在する地ごとに品遅部を定められました。
 そして、出雲に到り大神への参拝を終え、 都への帰り道、肥河(ひのかわ)の中に黒い簀の子橋を作り、行宮をお作りして滞在していただきました。
 さて、出雲の国造(くにのみやつこ)の祖、名は岐比佐都美(きひさつみ)が青葉の山を飾りとして川下に立てました。 これから大御食(おおみけ)を献上しようとした時、品牟都和気王はお言葉を発し、
「川下に青葉の山のように見えるものは、山に見えるが山ではない。 もしや出雲の石窟の曽の宮にいらっしゃる 葦原色許男(あしはらしこを)の大神をお祭りする、神官の大庭か。」 と問われました。
 それで、派遣された随伴の王(みこ)らは、その声を聞いて喜び、その様子を見てまた喜びました。
 品牟都和気王は、檳榔(びろう)の長穂宮(ながほのみや)に滞在され、早馬の使者を都に送りました。 そして、御子は肥長比売(ひながひめ)は一夜の婚(よばい)をし、 密かにその美人を覗いてみると、その正体は蛇(おろち)でした。 そして恐ろしくなり逃げました。
 そこで、肥長比売は嘆かわしく思い、光を発して海原を照らし、船について追って来ました。 それで、ますます恐ろしくなり、山の尾根の凹んだ所を 御船を引いて越させ、逃げて都に向かいました。
 そして、復命し申し上げました。
「出雲の大神に参拝したことによって、大御子(おおみこ)は言葉を話されましたので、参上いたしました。」と。
 そして、天皇は歓喜し、菟上王を出雲に戻し、神宮を造営させました。
 ここに天皇はその御子により、鳥取部(ととりべ)・鳥甘部(とりかいべ)・品遅部(ほむちべ)・大湯坐(おおゆえ)・若湯坐(わかゆえ)を定められました。


(戸)…[名] 家の門。ある地方へ入る入り口もいう。
あしなへ(跛)…[名] 足の自由を失って歩けなくなること。またその人。
めしひ(盲)…[名](中古語) 物を見る機能を失うこと。またその人。
わきづき…[名] 脇息(きょうそく)。座ったとき脇に置いて肘を載せる台。
うらふ(卜ふ)…[自]ハ上二 うらなう。
のぼる(上る)…[自]ラ四 上昇する。都に行く。
すばし(簀椅)…[名] 木を簀の子のように繋いで作った橋。
つかへまつる(仕へ奉る)…[他] ①奉仕する。(万)0293 伊波比毛等保理 恐等 仕奉而 いはひもとほり かしこみと つかへまつりて。 ②宮をお作りする。(万)4273 大宮乎 都可倍麻都礼婆 おほみやを つかへまつれば
あをば(青葉)…[名] 青々と茂った葉。
…飾の異体字。
かざる(飾る)…[自]ラ四 〈時代別上代〉特に建造物の装飾に関して用いられることが多い。
はふり(祝)…[名] 神職。神官。(万)2309 祝部等之 斎経社之 はふりらが いはふやしろの
には(庭)…[名] ことを行うための場所。家屋の庭。広い水面。
檳榔…[名] ヤシ科の常緑高木。(古訓)ひにらう。〔ビンロウ〕
あぢまさ…[名] 檳榔。〈時代別上代〉本草和名に「檳榔【阿知末佐】」。平城京址出土木簡(物品付札類)に「阿治麻佐一」。
たわ…山の鞍部。
はゆまづかひ(駅使)…[名] はゆま(早馬)は急使の乗る馬。駅には馬を常備して、駅ごとに馬を替えて走らせた。
宿…(万)0079 我宿有 わがたる
…(万)1809 相結婚 あひよばひ
うなはら(海原)…[名] (万)0874 宇奈波良能 意吉由久布祢遠 うなはらの おきゆくふねを
…(古訓) かくる。のかる。まぬかる。
ゆゑ(湯坐)…[名] 産児を入浴させる役目の婦人。

【菟上王】
開化天皇─日子坐王─大俣王
 
┬曙立王
└菟上王
 菟上王は開化天皇の孫で、曙立王の弟とされる (第23回【菟上王】)。 伊勢の品遅部君・佐那造の祖。品遅部君は、品遅部の部民を統括する姓(かばね)ということになる。

【戸】
 は、家の入り口に例えて、ある地域の入り口を表す。
《那良戸》
 平城山(ならやま)を越える道。下ツ道から、幣羅坂神社の脇を通るとみられる 第114回《〖那羅山〗》 )。
《大坂戸》
 大坂は、大坂山口神社の地であろう(第111回【宇陀墨坂・大坂】・ 第105回【春日臣ら16氏】-大阪臣)。 現在の香芝市付近。
《木戸》
 奈良戸は北へ、大坂戸は西に向かう。木戸は紀伊国への入り口であり、南へ葛上郡(御所市)、宇智郡(五條市)を通る。

【盲】
 〈倭名類聚抄〉盲【和名米之比めしひ
 古事記伝で宣長は迷うことなくメシヒを用いているが、メシヒが平安時代より以前に遡るかどうか不明である。上代には「めひしぐ(合眼)」(目をつむる)という語があった。ヒシグは潰す意とされる。 メシヒはメヒシキから転じたものかも知れない。

【掖月之吉戸】
 古事記伝は、月を戸の誤写とする。出雲を目指すとき、紀伊国へ向かう道は脇の向きだからだという。ただ「木戸是掖戸之吉戸ト而」では、戸を連ねすぎて不自然である。
 月が天体の月だとすると、「地平線に近い月を横に見て道を進むのが吉」という意味になる。東の地平線に近くに満月が見えるのは、午後6時ごろである。 それを脇、つまり右手または左手の向きに見ると、月は自分が歩くのと一緒に動くから、「脇月の吉戸」はなかなか気の利いた表現である。
 月を東に見ながら歩く向きは、南北のどちらかである。北向きは既に試したから、 南向きとなり、これは紀伊国へ向かう道である。これは一応辻褄が合い、風流である。
 地名だとすると、「」の入った腋上嗛間丘がある。これも紀伊国に向かう経路にある (第101回【書紀:神武天皇即位後】〈4〉) 。 掖上の近くに、掖月という地名があったのかも知れない。文章としては自然なのだが、残念ながらこの地名はどの資料にも見つけられない。

【卜の結果】
 宣長は、「卜而ウラナヘテは、自那良と云より、吉戸ヨキトと云まで、其ウラに出たる、趣なり〔「自那良」以下「掖月之吉戸」までの全体が卜の内容である〕とする。 これは妥当な解釈であろう。

【品遅部】
大和【於保夜萬止おほやまと葛下【加豆良木乃之毛かつらぎのしも品治【保無智ほむち
因幡【以奈八いなば邑美【於不美おふみ品治
備後【吉備乃美知乃之利きびのみちのしり品治品治
安藝山縣【夜萬加多やまがた品治
 品遅部のルーツは、実際に御名代(みなしろ)であったと思われる。御名代は、天皇・皇后・皇子などの名を後世に伝えるために、その名をつけて所属させた部民。
 太安万侶の時代、品遅部が各地にいて、お互いに祖先を共有する同族だとする自覚があったと思われる。 〈氏姓家系大辞典〉には、伊賀・越前・越中・但馬・因幡・出雲・播磨・備後・安芸の品遅部を挙げている。 『倭名類聚抄』の郷の名としては、右の大和・因幡・備後・安芸がある。
 物語の上では、大和から出雲までの間の品遅部は、品牟都和気王が出雲へ向かう経路の所々に御名代を置いたものだと後付けしている。
《品遅部の起源》
 「ほむ」は「品」の呉音、ホンである。「チ」はもともと属格の格助詞「ツ」であろう。 皇子の名前「ほむつわけ」は、もともと部民「ほむ」の統率者を意味する。 音読みの「品」を名乗るからには、もともとは渡来氏族であったようにも思われる。だから有力な御名代を残したのに天皇には数えられず、皇子に留まったのである。 しかし、秦氏については中国古代王朝に「秦」が見えるが「品」は見えず、品氏渡来氏族説に繋がる材料は皆無である。 やはり、「誉む」に品の呉音を宛てたと見るのが妥当であろうか。

【到於出雲-訖大神
 出雲大社の大国主大神に参拝した。なお、もともとの名称は杵築大社で、明治4年(1871)に出雲大社に改称した。

【品牟都和気王の言葉】
 岐比佐都美は、川下に庭園のようなものを作り、景色を楽しみながら大御食を召し上がっていただくよう設(しつら)えた。 その庭園に築山を作り、鮮やかな青葉で飾ったのだろう。「立て」と書くのは、築山が縦長に尖っていたからだろうか。 品牟都和気王はそれを見て、生まれて初めて普通の言葉を発する。その言葉の意味は、 「あの山は作り物だね。いつもは葦原色許男大神をお祭りする場所かな?」だと見られる。 「見られる」と書いたのは、「山に見えて山ではない。」と「もしや大神の祭の庭か」の2文の関係が、釈然としないからである。 一応「いつもは神事に使う平らな原っぱに、一時的に築山を作った」と解釈した。
 古代において祀りの庭に社は立たず、野外が祭場であった。沖縄では現在でも社殿のないまつりの庭(御嶽、うたき)で神を祭るという(『扇 性と古代信仰』吉野裕子、人文書院1984)。 それを理解すると、「伊都玖之祝大廷〔いつくしのはふり(=神官)の大庭、"大"は美称〕の意味が見えてくる。
 もともと葦原色許男神は、神殿の中にはおらず、野外の祭に来ていただく神だったのかも知れない。 だから、葦原色許男大神は大国主大神と同一神だとされるが、野外の庭では葦原色許男大神の名を用いたのだろう。

【石𥑎之曽宮】
《石𥑎》
真福寺本
 活版印刷本では𥑎が使われているが、真福寺本の図版を見ると旁がになっている(右図)。 ではあるが、ひとまず𥑎について調べる。
●〈汉典〉𥑎の異体字。〈汉典〉…磨刀石(a grindstone)。古同“硐”。磨。 〈汉典〉…山洞、窑洞、礦坑。
 つまり、𥑎の異体字、硧は砥石を意味する。しかし、𥑎は古くは硐と混同された。そして硐は、洞と同じ意味である。
●宣長は〈古事記伝〉で「𥑎ノ字は、坰と書ると同く聞ゆ、隈なり」と述べる。 坰(ケイ)、泂(ケイ)は辺境の地を意味するので、宣長は「くま」と訓み、この訓が現代に及んでいる。 なお、辺境を表す語には「すみ」もある。万葉集では「わごおほきみ」にかかる枕詞「やすみしし」(八隅知し)は、国の隅々まで統治が及ぶという意味とされ、多数の例がある。 しかし、クマにしてもスミにしても「石」からの意味が繋がりが理解できない。
 洞の古訓には「ほら」があり、硐〔=洞〕の方が(いは)に馴染む。 写本ではもともと正体不明の字であるから、一応神が祭祀された「石洞」に類すると見て「いはほら」としておく。少なくとも「いはくま」よりはましだと思われる。
《曽宮》
 「曾」の字を含む神社には、 〈神名帳〉{出雲国/出雲郡/曾枳能夜神社}、〈出雲国風土記〉{出雲郡/曾伎乃夜社} がある。
 比定社は、曽枳能夜神社(出雲市斐川町神氷823番地)。 近くには斐伊川が流れる。この話は肥河の下流が舞台なので、曾宮は、曾枳能夜神社の古い名前かも知れない。 肥河(ひのかは)はまた、須佐之男命が降りたところである (第52回)。
《宇賀郷の窟戸》
 出雲郡にある洞窟を調べてみると〈出雲国風土記〉に、出雲郡宇賀郷(うかのさと)の北海岸に窟戸がある。 「北海濱有礒、名脳礒。」 「礒西方有窟戸。高廣各六尺許。窟内在。人不入。不深浅也。夢至此礒之邊者必死。故俗人自古至今號黄泉之穴也。〔北海の浜に磯有り、名は脳礒(なづきのいそ)。 磯の西方(にしつかた)に窟戸(いはやど)あり。高み広み各(おのおの)六尺(むさか)許(はかり)。窟(いはや)の内に穴在り。人得(え)入らず。深し浅しを知らず。 夢(いめ)に此の礒の辺(あたり)に至らば必ず死なむ。故(かれ)俗人(よのひと)古(いにしへ)自(よ)り今に至り黄泉之穴と号(なづ)く。〕
 比定地は猪の目洞窟(島根県出雲市猪目町)とされる。海岸は海食崖となっており、他にも洞窟がある。
《石洞の妥当性》
 従って、少なくとも出雲郡に、洞窟は存在する。しかし、曽枳能夜神社とは離れすぎている。また「いはほら」は、辞典には載っていない。 とは言え、「曽枳能夜神社」が神名帳の「曽枳能夜神社」と一致するとは限らないのである。現存の社名で神名帳と一致するものは、明治時代に神名帳に合わせて改名させられた神社である。また石洞のままで、イハヤと訓まれたかも知れない。 さらに曽宮は、「磯宮」からイが脱落したものかも知れない。平安時代の『山家集』の「荒磯の波に磯馴(そな)れて這ふ松は…」という歌は、イソのイが音韻変化により脱落することがあり得ることを示している。
 だから、「石𥑎之曽宮」が「石洞(いはや)の磯宮(そのみや)」である可能性は、まだ残っている。 …『神社に秘められた日本史の謎』(洋泉社、2015)P.155。

【還・貢駅使・逃行・参来】
 これらの「」は都に向かうことを意味し、訓読は「のぼる」であろう。 品牟都和気王がやっと言葉を得た。随行の曙立王・菟上王が、晴れやかな気持ちで都に向かう気持ちが現れている。
 まずは「駅使〔早馬の使い〕を送る。吉報を一刻も早く知らたかったのである。

【聞歓見喜】
 歓・喜は両方とも「よろこぶ」と訓み、用字法はエレガントである。ただ、御子が言葉を話したことが喜びの原因だから、「聞歓喜」の方が確かに適切である。 真福寺本を見ると、後になって異本を参照して「見」を挿入したようにも見えるが、筆写の際の単純な書き落としかも知れない。 他の「見」の筆跡と比べると、どうやら同一人物のものだから、後者であろう。原本のときから特に必要はないが「見」を入れ、見栄えを優先したようだ。

【葦原色許男大神】
 出雲大神宮に祀られた大神の名は、風土記では「所造天下大神・大穴持命」、 書紀では「大己貴神」、記では「大穴牟遅神・大国主神・葦原色許男神」などとされる (第55回【紀一書6】)。  品牟都和気王が出雲大神宮を参拝した帰りに大御食を受けた場所は、葦原色許男大神の祭の庭だった。 葦原色許男神と大己貴神は同一神とするが記紀の大方針であるが、地元では別個の神だったのであろう(次項)。 ただ、その漢字表現を厳密に一致させ、出雲「大神」に合わせて葦原色許男も「大神」として、同一神とする規定から逸脱しないように、最大限の神経を使っている。
《播磨国風土記》
 〈大辞林第三版〉葦原色許男大神 記紀神話では大己貴神(大国主)の別称とされるが、本来は別神。「播磨国風土記」には天日槍(あまのひぼこ)と土地の占有をめぐって争う神と伝えられる。 『播磨国風土記』にその該当箇所を探したところ、宍禾郡(しさはのこほり)の条に見つかった。
 曰く「奪谷 葦原志許乎命与天日槍命二相-奪此谷故曰奪谷其相奪之由形如曲葛奪谷うばひたに。葦原志許乎命と天日槍命とニはしら、この谷をあひ奪ひしゆゑ奪谷と曰ふ。 其の相奪之由あひうばひしよしを以ち、形曲がれるかづらの如し。〕
 北陸遠征して領土を広げた後、出雲大神宮で所造天下大神としてどんと構える大己貴神と、播磨国で谷の奪い合いをしている葦原志許乎命とは、自ずから別神であろう。

【檳榔之長穂宮】
《檳榔》
ビンロウビロウ 御嶽の蒲葵-宮古島
 まずアヂマサを地名から探す。しかし、倭名類聚抄・出雲国風土記の郡・郷にそれらしいものは見つからない。 地名辞典(ネット辞書Weblio)によって現代の地名を探すも、やはり見つからない。 神名帳にある{伊予国/温泉郡/阿治美神社}とは、名前が似ていると言えないこともないが、これだけでは何とも言えない。
 ただ記の仁徳天皇段には、淡路島を眺めて歌った歌の中に「阿波志摩 淤能碁呂志摩 阿遅摩佐能志麻母美由〔あは島、おのごろ島、あぢまさの島も見ゆ〕とあり、瀬戸内海の島の名前として出てくる。
 植物名としては、檳榔(ビンロウ)は、ヤシ科ヤシ属の熱帯植物である。種子は嗜好品としてガムのようにして噛み、軽い興奮や酩酊感がある。日本本土にはなく、 古くから、ビロウ(枇榔、檳榔、別名ホキ=蒲葵)と混同された。 ビロウはヤシ属ビロウ科、国内では南西諸島と、九州・四国の南部に自生する。葉を乾燥させて団扇が作られた。
 『扇 性と古代信仰』(前述)によれば、美保神社の祭礼で使われる扇は紙製であるが、沖縄で使われている蒲葵扇と形がよく似ている。 沖縄には社殿を備えた神社はなく、神は「御嶽」(うたき、=まつりの庭)で祀られるという。
 御嶽の神木として使われるのが蒲葵で、特にこの植物が選ばれた理由は幹のようすが男根を感じさせるからだと、氏は想像している(写真=同書より)。 琉球最高位の女神官・聞得大君(きこえおおぎみ、チフィジン)の即位式では、女神官は斎場御嶽に一泊し、そのとき作られた仮屋の壁はことごとく蒲葵の青い葉が張られ、 鴨居などに蒲葵の幹が使われたという。昔、天皇の即位式に先立つ川原の禊の神事の際の仮屋、百子帳(ひゃくしちょう)がはやり蒲葵の葉で葺かれたという。
 このように枇榔(蒲葵)は、古代朝廷において神聖な植物とされ、 <wikipedia>大嘗祭においては現在でも百子帳の屋根材として用いられている</wikipedia>という。
 よって「檳榔之長穂宮」は枇榔で飾られた宮かも知れないし、アヂマサの産地・流通地に因む島名か地名かも知れない。 あるいは枕詞かも知れないが、決定しがたい。
《長穂》
 長穂は現代地名として、山口県周南市にあった。江戸時代の長穂村は、周防国都濃郡。 現在の周南市長穂(大字)には、周方(すわ)神社がある。同社は、出雲から建御名方命の分霊を招き、当初は隣接の下莇村に祀ったという。
 ただ出雲からは帰り道と逆方向に離れ、周防国とも書いてないから無関係のように思える。 しかし、ビロウの分布域は九州・四国の南部であるから、アジマサに関連した地名なら瀬戸内海側の方が見込みがある。 その場合、肥長比売が追いかけてきた海は瀬戸内海ということになる。「木戸」から紀伊国経由で来たのなら、和泉国から安芸まで瀬戸内海を海で渡ったかも知れない。 品治郷が備後・安芸にあることも、山陽側を通った可能性を示す。 前述の仁徳天皇の歌には、瀬戸内海のアハ島、オノゴロ島に、アヂマサ島が並んでいる。長穂宮は、長穂村ではなくアヂマサ島にあったのかも知れない。
 品牟都和気王が帰りに周防国まで足を伸ばしたとは考えにくいが、周防国を舞台にした蛇女の物語が混入した可能性はある。

【出雲と紀伊国】
 品牟都和気王の一行は、紀伊国経由で出雲国に向かった。 出雲と紀伊国とのつながりは、これまでも大国主神話で見てきた (第52回【一書4】第54回【一書5】第58回【木の国】)。
 肥長比売の伝説は、紀伊国熊野郡の道成寺に伝わる安珍清姫伝説と類似している。 清姫は大蛇に変身し、逃げる安珍を追った。そういえば清姫が大蛇に変身して泳いで渡った日高川と肥長比売は、発音が似ている。 大蛇変身伝説の原型は、紀伊国から山陽道にわたる地域に広く伝わっていたのかも知れない。

【蛇】
 宣長は「遠呂智ヲロチと訓べし」とする。確かに海を行く船を泳いで激しく追う場面には、蛇(ヘミ)よりヲロチの方が相応しい。

【坐】
 「仕奉仮宮而坐」の坐を宣長はマサシメキと訓み、使役の助動詞シムを補っている。 これは主語を、臣に統一するためである。
 万葉集で「坐」を見ると、例えば、 (万)0241 皇者 神尓之坐者 おほきみは かみにしませば
 があるが、尊敬語のマスは使役の対象にはしにくい感じである。 考えてみればこれは当然で、貴人を使役の対象にすることには疑問がある。
 だから、マサシムという訓読は不適切であろう。事実上は臣による使役であっても、行為者が貴人である場合は、主体的な行為として表現すべきであろう。

【大御子】
 大御子は、復命の中で使われた言葉である。直接天皇に申し上げる言葉においては、御子に更に尊敬語を足して「大御子」とした。 つまり、会話文の中の高度の尊敬語は、ちゃんと書いてある。
 しかし会話文以外では、尊敬表現は比較的少ない。 仮宮を建てるときの尊敬語「仕奉」は、臣と天皇との間の関係性に基づく。※…行為自体がもつ尊敬の性格。
 一方、「天皇歓喜即返菟上王令造神宮」に、尊敬語は含まれない。 尊厳表現が隠されていることもあるから、この文をすべて尊敬表現にすると「天皇よろこびまして、菟上王を返したまひ、神宮を作らせたまひき。」となる。これは行き過ぎでないかと思う。 ただ、「立」はタタスを用いよとする原注があった (第33回)。 このように、軽度の尊敬表現を指示される場合もある。
 また、御子と子が混在する箇所は、子もミコと訓むのが自然であろう。 それ以外は、原文に尊敬表現がなければ、そのままで構わない箇所も多いと思われる。 だから明示されていない尊敬表現の付加は、その方が語調が整う程度に留め、過剰に使うことを避けるのが原文のスタイルに合致するであろうと思う。
 ただ、叙述文において尊敬の補助動詞を付け加えて尊敬の意を表すか、客観表現に徹するかは、読み手の自由であろう。記紀の表記法自体に、その自由さを許す余地がある。

【参上来】
 「」は完了の助動詞「き」かも知れないと思って実例を調べたが、 万葉集では、「来」を助動詞に使うときの訓みは「けり」であった。 例えば、(万)0330 花者盛尓 成来 はなはさかりに なりにけり。 「けり」は、詠嘆を含む過去とされるので、 復命の言葉には合わない。
 しかし、〈時代別上代〉によれば「けり」の語源は「き(来)+あり(有り)」で、単に「来てここにいる」、つまり語源のままの使い方もあるとのことである。

【返菟上王神宮
 大国主大神は、夢で「-理我宮二上天皇之御舍」せよと告げられた。 「修理」は、「直す」以外に「作る」の意味があるが、最終的に菟上王に「造れ」と命じたから、ここの「修理」は「作る」方であった。 ただ、既存のものを壊して全く新しいものを作る場合も「なおす」と言えるから、「直す」と「作る」の区別は絶対的ではない。
 出雲の大神宮は、記紀編纂期には既に建っていて、その建造や修造は国家的事業として行われたと思われる (第61回【於底津石根宮柱布刀斯理於高天原氷椽多迦斯理】)。
 齊明天皇紀五年(659)には、修厳を命じた記録がある。それ以前の古代の事業を反映するのが崇神天皇紀、または崇神段にある出雲大神宮建造の記述ということになる。 また、国家が修造すべきものとする神学的根拠を示すのが、記と出雲風土記の国譲り神話である。
《国譲り神話の別表現》
 垂仁天皇は大国主大神の神威を知り、出雲大神宮を造営した。 これは、国譲り神話の別表現である。 書紀では、この部分を採用せず、出雲振根の伝説に差し替えた( 第115回《出雲振根の逸話が意味するもの》 )。
 記は、天皇が出雲大神をおろそかにしたから、皇子の言葉を奪うという罰が与えられた。 その赦しを乞うために、出雲大神宮を建てたと描いている。
 それに対して、書紀では事件は出雲側の事情で起こり、朝廷に反逆した振根を誅した。 そのため、出雲国は朝廷に遠慮して大神を祀らずにいたが、童の歌を通して大神の不満を知り、天皇の命令により祀らせたとする。 つまり、書紀では天皇自身の過誤と取られ得る表現を除去し、責任を出雲側に負わせ、天皇がそれを救済する形にしたのである。
 国譲り神話のところで、記は出雲に遠慮して下手に出ているが、書紀では完全に朝廷に服する国のひとつとして扱ったと論じた (第61回【始作国也】・まとめ/ 第78回まとめ)。 ここにも、その姿勢がはっきりと表れている。

【鳥取部・鳥甘部・品遅部・大湯坐・若湯坐】
《鳥取部》
河内国大縣郡鳥取郷 和泉国日根郡鳥取【止々利】郷 
越中国新川郡鳥取郷 丹後国竹野郡鳥取郷
因幡国邑美郡鳥取郷 備前国赤坂郡鳥取郷
肥後国合志郡鳥取郷
 書紀では、湯河板挙に鳥取造(鳥取部の統率者)の地位が与えられた。 印色入日子命は、各地の鳥取郷(右表)のうち和泉国日根郡に川上宮を構えたようだ 第116回【鳥取】【鳥取之河上宮】)
 丹後国、因幡国、越中国は、記紀に幾つか書かれたくぐい捕獲地に近い。因幡国邑美郡には、品治郷もある。 山陰・北陸のあちこちに広がった鳥取部に、その起源神話として品牟都和気王とくぐいの伝説が伝えられてきたとも考えられる。
《鳥甘部》
 鳥甘部は一般に「とりかひべ」と訓まれる。記の「定鳥取部鳥甘部品遅部」は、書紀の「定鳥取部鳥養部誉津部」に対応するので、この訓みは正当であろう。
 念のためもう少し探ってみると、仁徳天皇紀四十三年九月条に、 「時雌雉多起、乃放鷹令捕、忽獲数十雉。是月、甫定鷹甘部、故時人号其養鷹之処、曰鷹甘邑也。〔時に雌雉多起さはにたち、乃ち鷹を放ち捕へ令め、たちまちに数十雉を獲る。是の月、はじめて鷹甘部を定め、故時の人其の鷹をひし処を号け、鷹むらと曰ふ。〕 とあった。
 これにより鷹甘部の訓みが「たかかひべ」であることが決定される。だから鳥甘部も「とりかひべ」である。
《品遅部》
 その由来譚は先に述べられた。
《大湯坐・若湯坐》
 沙本毘売は、品牟都和気王の養育のために大湯坐若湯坐を定めるように言い残した。 ここで改めて、それが実現されたことが書かれた。同時に湯坐の名を負う伴造の、起源を示すものである。
 湯坐という職については神代紀に、皇子を養育する女官たち「乳母・湯母・及飯嚼・湯坐凡諸部」のひとつとして示されていた (第95回【皇子を養育する女官】)。
 これについて、本稿は 「彦波瀲武鸕鷀草葺不合尊を借りて、飛鳥時代に皇子の養育にあたった女官たち、あるいは男性を含む官職名を紹介したものである。」と書いた。
 湯坐に起源をもつ姓(かばね)として、記神代に「湯坐連」が出てくる (第47回)。 それによれば「額田部湯坐連」の祖は、天照大神と須佐之男命の間に成った五男子の一人、天津日子根命とされる。
 また、孝徳天皇紀には「額田部湯坐連」(名を欠く)という人物が登場する。

【後に加えられたかも知れない部分】
 前回、曙立王に宇気比させる部分は後から挿入されたのではないかと述べた。
 その次、「即曙立王菟上王二王副其御子遣時」からは通常の書法に戻っている。
 ここで注目されるのは、突然菟上王が出現することである。 前段で曙立王は占いによって選ばれたが、 菟上王についても何も説明がない。「弟」の一文字があれば、弟だから随行したことが伝わるのだが。
故其御子令拝其大神宮将遣之時令副誰人者吉爾曙立王食ト
故科曙立王令宇気比白【宇氣比三字以音】
因拝此大神誠有験者住是鷺巣池之樹鷺乎宇氣比落
如此詔之時宇氣比其鷺墮地死又詔之宇気比活爾者更活
又在甜白檮之前葉広熊白檮令宇氣比枯亦令宇気比生
爾名賜曙立王謂倭者師木登美豊朝倉曙立王【登美二字以音】
 試しにの、曙立王の宇気比に関する部分を削除すると、
時布斗摩邇邇占相而求何神之心爾祟出雲大神之御心
即曙立王菟上王二王副其御子

 となる。この繋がり方に、何の違和感もない。 だから一旦原文ができ上がった後に、曙立王を無理やり称えなければならない事態が、突如発生したのである。
 その事情を想像すると、例えば曙立王の子孫が何らかの事件により 処罰されそうになってので、始祖の曙立王の功績を示してピンチを 免れようとしたとか…
 あるいは、何らかの地位に売り込むために、先祖の功績が必要であったとか…
 そのような事情で、古事記にこの部分を挿入して書き直し、写本と称して証拠に用いた。
とすれば、「爾」の特有の用法、意味の通りにくさ、地名を書き連ねただけの称号、そして話そのものの質の悪さが説明できる。 ただ、後世にこれだけのものを書こうとすると、相当の技量が必要なので、 事は古事記完成前に起こり、スタッフに捻じ込んで書き加えさせたのかも知れない。 引き受けたスタッフは太安万侶とは和風書法の流派が異なっていたから、書きぶりが変わったというわけである。
 以上、想像を逞しくしたが、少なくとも何らかの事情があって異質な文字列が挿入されたという印象は拭いきれない。
 ただ出雲大神への参拝自体は、本来の語法に戻っているので最初から存在した。 よって、前の話とのつなぎの文、 「亦見其鳥者 於思物言而 如思爾勿言事〔くぐいを捕えても、期待通りに言葉を話せるようにならなかった〕は改竄されたものではなく、原型通りだったことになる。

【書記(10)】
10目次 《誉津別王-2》
由是、以敦賞湯河板舉、則賜姓而曰鳥取造、因亦定鳥取部・鳥養部・譽津部。
由是(これゆゑ)、以(も)ちて湯河板挙を賞(たまもの)を敦(あつ)くし、則(すなはち)姓(かばね)を賜(たまはり)て[而]曰(いはく)鳥取造(ととりのみやつこ)といひ、 因(よりて)亦(また)鳥取部(ととりべ)・鳥養部(とりかひべ)・誉津部(ほむつべ)を定めたまふ。

まとめ
 基本的には纏向政権の時代から、出雲大神宮の造営に朝廷が関わったことを示している。
 それと共に、安芸国までの品遅部の分布、瀬戸内海の阿遅摩佐アヂマサ島、 安珍清姫伝説との類似から、物語の舞台としては瀬戸内海文化圏が浮かび上がってくる。 ただ、その範囲が周防国まで及ぶかどうかは、微妙なところである。
 伊邪那岐・伊邪那美伝説の舞台も、淡路島が中心であった (第44回【伊邪那岐大御神の引退】 ・第102回まとめ)。 伊邪那岐命が恐ろしい姿と化した伊邪那美命に追われ、必死になって逃げる話は、蛇女伝説と同根だと考えられる。 よって、品牟都和気王伝説に取ってつけたように見える肥長比売も、瀬戸内海文化圏との関わりにおいて付属したのであろう。 ただ、その名前のの字だけは出雲の肥河と関連付けられている。
 意味不明の語句、掖月石𥑎檳榔についてはいろいろな角度から検討したが、直接的には古地名と見るのが妥当であろう。 この伝説がもし書紀にも載っていれば、実地名が残ったかも知れない。
 書紀の登場地が実地名として残る理由は、もし奈良時代に存在した地名ならば、書紀によって有名になるからである。 地名が残っていない場合でも、推定によってどこかに決まれば、新たに生まれる伝説と共に地名が開始されるだろう。
 伝説が古事記単独で、しかも中央から離れた地域ではどうしてもその機能は弱く、 地名が残りにくい。古事記は山陽道には、あまり普及しなかったのだろう。


2016.04.03(sun) [121] 中つ巻(垂仁天皇6) 

又 隨其后之白喚上美知能宇斯王之女等
比婆須比賣命次弟比賣命次歌凝比賣命次圓野比賣命 幷四柱
然 留比婆須比賣命弟比賣命二柱而
其弟王二柱者因甚凶醜返送本土

又、其の后(きさき)之(の)白(まを)したまひしの隨(まにま)に美知能宇斯王(みちのうしのみこ)之(の)女(むすめ)等(ら)、
比婆須比売命(ひばすひめのみこと)、次に弟比売命(おとひめのみこと)、次に歌凝比売命(うたこりひめのみこと)、次に円野比売命(まどのひめのみこと)并(あはせて)四(よ)柱を喚上(めさ)ぐ。
然(しかれども)、比婆須比売命、弟比売命の二(ふた)柱を留(とど)めて[而]
其の弟(おと)王(みこ)二柱者(は)甚(いと)凶醜(みにくき)に因(よ)りて本土(もとのくに)に返(かへ)し送(おく)りき。


於是圓野比賣慚言
同兄弟之中以姿醜被還之事聞於隣里是甚慚而
到山代國之相樂時取懸樹枝而欲死
故 號其地謂懸木今云相樂
又 到弟國之時遂墮峻淵而死
故 號其地謂墮國今云弟國也

於是(ここに)円野比売慙(は)ぢ言(い)はく
「同(おや)じ兄弟(はらから)之(の)中姿(すがた)の醜(みにく)きを以(も)ち被還之(かへされし)事(こと)[於]隣(となり)の里(さと)に聞こえむこと、是(これ)甚(いと)慙(はづか)し。」と言ひて[而]、
山代国(やましろのくに)之(の)相楽(さからか)に到りし時、樹(き)の枝(え)に取り懸(かか)りて[而]欲死(しなむとす)。
故(かれ)、其の地(くに)を号(なづ)け懸木(かかりき)と謂(い)ひ、今に相楽(さからか)と云ふ。
又、弟国(おとくに)に到(いたりし)[之]時、遂に峻淵(さがきふち)に墮(お)ちて[而]死す。
故(かれ)、其の地(くに)を号(なづ)け墮国(おつくに)と謂ひ、今に弟国(おとくに)と云ふ[也]。


又 天皇以三宅連等之祖名多遲摩毛理
遣常世國令求登岐士玖能迦玖能木實【自登下八字以音】
故 多遲摩毛理遂到其國採其木實
以縵八縵矛八矛將來之間 天皇既崩

又、天皇(すめらみこと)[以]三宅連(みやけのむらじ)等(ら)之(の)祖(おや)、名は多遅摩毛理(たぢまもり)を
常世国(とこよのくに)に遣(つか)はし、登岐士玖能迦玖能木実(ときじくのかくのこのみ)を求め令(し)めたまふ【登自(よ)り下(しもつかた)八(や)字(じ)音(こゑ)を以(もち)ゐる】。
故(かれ)、多遅摩毛理遂(つひ)に其の国に到り其の木の実を採(と)る。
以ちて縵(かづら)八縵(やかげ)矛(ほこ)八矛(やさを)を将来之(もちきたりし)間(ま)、天皇既に崩(かむあがり)したまふ。


爾 多遲摩毛理 分縵四縵矛四矛獻于大后
以縵四縵矛四矛獻置天皇之御陵戸而擎其木實
叫哭以白
常世國之登岐士玖能迦玖能木實持參上侍
遂叫哭死也
其登岐士玖能迦玖能木實者是今橘者也

爾(ここに)、多遅摩毛理、縵四縵矛四矛を分かち[于]大后(おほきさき)に献(まつ)り、
以ちて縵四縵矛四矛を天皇之(の)御陵(みささき)の戸(と)に献(まつ)り置(お)きて[而]其の木の実を擎(ささ)げ、
叫び哭(な)き以ちて白(まをさく)
「常世国之(の)登岐士玖能迦玖能木実を持ち参(まゐ)上(のぼ)り侍(はべ)り。」とまをす。
遂に叫び哭き死にき[也]。
其の登岐士玖能迦玖能木実者(は)是(これ)今の橘(たちばな)なれ者(ば)也(なり)。


此天皇御年壹佰伍拾參歲 御陵在菅原之御立野中也
又 其大后比婆須比賣命之時 定石祝作又定土師部
此后者葬狹木之寺間陵也

此の天皇御年(みとし)壱佰伍拾参歳(ももとせあまりいとせあまりみとせ)にて、御陵(みささき)菅原(すがはら)之(の)御立野(みたちの)の中に在り[也]。
又 其の大后(おほきさき)比婆須比売命之(の)時、石祝作(いしつくり)を定め、又土師部(はにしべ)を定む。
此の后(きさき)者(は)狭木(さき)之(の)寺間(てらま)の陵(みささき)に葬(はぶ)りまつりき[也]。


 また、その皇后が申し上げたままに、美知能宇斯王(みちのうしのみこ)の娘たち、 比婆須比売命(ひばすひめのみこと)、次に弟比売命(おとひめのみこと)、次に歌凝比売命(うたこりひめのみこと)、次に円野比売命(まどのひめのみこと)合わせて4人を召されました。 けれども比婆須比売の命、弟比売の命の二柱を留めて、 その妹王(みこ)二柱は甚だ醜くかったので、元の国に送り返しました。
 そこで円野比売は恥じて言いました。 「同じ姉妹の中で、容姿の醜さをもって帰されたことが、隣の里に聞こえるでしょう。これは甚だ恥ずかしいことです。」と言って、 山城の国の相楽(さからか)に来た時、樹の枝に取り懸(さが)って死のうとしました。 そこで、その地を名付けて懸木(さがりき)と言い、今は相楽(さからか)と言います。
 また、弟国(おとくに)に来たとき、遂に険しい谷の淵に落ちて死にました。 そこで、その地を名付けて墮国(おつくに)と言い、今は弟国(おとくに)と言います。
 また、天皇は三宅連(みやけのむらじ)らの先祖、名は田道間守(たじまもり)を 常世国(とこよのくに)に遣わし、時じくのかくの木の実を求めさせました。 そして、田道間守は遂にその国に到り、その木の実を採りました。 そして、縵(かづら)八本、矛八本を持ってくるまでの間に、天皇は既に崩御されました。
 ここに、田道間守は縵四本、矛四本を分け、皇太后に献上し、 縵四本、矛四本を天皇の御陵の戸に献り置き、そしてその木の実を捧げ持ち、 叫び泣きなから 「常世国の時じくのかくの木の実を持ち参上いたしました。」と申し上げ、 遂に叫び泣きながら死にました。
 その時じくのかくの木の実は、今に言う橘であります。
 この天皇は御年百五十三歳、御陵は菅原(すがはら)の御立野(みたちの)の中にあります。 また、その皇太后、比婆須比売の命の時、石祝作(いしつくり)を定め、土師部(はにしべ)を定めました。 皇太后は、狭木(さき)の寺間(てらま)の陵に葬むられました。


まにま(随)…連体修飾を受けて、連用修飾句を構成する。 (万)1590 黄葉乃 吹者将落 風之随 もみちばの ふかばちりなむ かぜのまにまに
 (万)0543 天皇之 行幸乃随意 おほきみの みゆきのまにま
…(古訓)めす。よふ。
めさぐ(召上ぐ、喚上ぐ)…[他]ガ下二 宮中に呼び寄せる。
かへす(返す)…(熟語の例)かへし-やる。
おくる(送る)…(熟語の例)おくり-いだす
慚・慙…[動] 恥じる。(古訓)はつ。
はづかし(恥づかし)…[形] 恥ずかしい。
相楽…〈倭名類聚抄〉山城国相楽【佐加良加】郡〔さからか〕。 焼き物で有名な信楽(しがらき、滋賀県甲賀市)にも近いので、「さからか」はこの一帯の古地名か。
かかる(懸る)…[自] 懸くに対する自動詞。
…[形] たかい。けわしい。
…(古訓)あやふし。けはし。たかし。
さがし(険し、峻し)…[形] けわしい。
おつ(落つ、堕つ)…[自]タ上二 落ちる。
とこよ(常世)…[名] 不老不死の神仙の世界。
ときじ(不時)…[形]シク 時を選ばない。
…[名] たれ幕の布。模様のない絹布。(古訓)あやなきたたきぬ。あみ。
かづら(縵)…[名] 植物のつるや緒に通した玉などを髪にさして飾りとするもの。
かげ(縵)…[助数詞] 縵、果実などを数える単位。
さを(竿)…[助数詞] 矛などを数える単位。
…[動] ささげる。(古訓) かきあく。ささく。
いしつくり(石作)…[名] 律令制以前、石材による建築作業に従事したとされる部。 特に古墳の石棺・石室を作る。石作部の略。

【峻淵】
 峻淵(峻渕)を『中国哲学書電子化計画』(以下〈中国古典〉)で検索してみたが、一例もなかった。水の深みを形容するために山の「険しさ」を用いるのはもともと不自然である。 ここでは、高い山を表す「峻」と深い水を表す「淵」を組み合わせ、その落差を表現しようとしたと見られる。 即ち「峻谷之淵」の意である。「峻谷」なら、〈中国古典〉に6例がある。
 意味不明な語に当たると実は誤写だったという場合が時々あるので、念のために真福寺本を見ると、「」は偏ではなく、偏の「」になっている。 しかし「」は『大漢和辞典』(大修館書店)を初めとして漢和辞典に見えず、ユニコードでもその追加漢字面まで見ても見出すことができない。 ただ、偏だけが変わった異体字はしばしばあり、今回もの例がある。従って、「」が「」の異体字だとする判断には一定の根拠がある。

【返された女王】
〔開化段〕比婆須ひばす比売命真砥野まどの比売命弟比売命
〔垂仁段系図〕氷羽州比売命沼羽田之入ぬばたのいり日売命阿邪美能伊理あざみのいり毘売命
〔垂仁段沙本毘売遺言〕兄比売弟比売命
〔垂仁段四女王〕比婆須比売命弟比売命歌凝うたこり比売命円野まどの比売命
〔垂仁紀五女王〕日葉酢媛渟葉田瓊入ぬばたにいり真砥野媛薊瓊入あざみにいり竹野媛
…帰された女王。
 四女王のうち、比婆須比売命・弟比売命を納め、歌凝比売命・円野比売命の二女王は返される。 女王の名前については、出てくる度に不一致があることは、既にみた (第116回)。 ここでは右のように、弟比売を沼羽田之入比売の別名、歌凝比売を竹野媛を同一と見做して色分けしてみると、相当整理される。
《弟国》
 現代地名にを探すと、弟国(おうくに、三重県多気郡多気町)がある。 一方〈倭名類聚抄〉には、{山城国乙訓【於止久】郡}がある。最後の「に」がないのは脱落か、あるいは平安時代には「ん」が書かれなかったから、「おとくん」と訓まれたのかも知れない。 1980年に藤原宮跡(奈良県橿原市高殿町)から「弟国評鞆岡三」と書かれた木簡が出土したので、郡が評であった時代(700年まで)には、既に弟国評が存在した (奈良文化財研究所『木簡データベース』、以下〈木簡データ〉)。 纏向から丹波国まで帰る経路から考えて、弟国は伊勢ではなく乙訓郡であろう。
《どこで誰が死んだか》
 この部分を流れで読めば、相楽郡でまず円野比売が死に、次に乙訓郡で歌凝比売が死んだととるのが自然である。
 しかしこの文は、相楽では「欲死」、つまり死のうとして死ねず、乙訓で「遂堕死」、ここで死んだと取れる。 その場合、主語は円野比売となり、それでは歌凝比売はどうなってしまったのかという疑問が生ずる。 恐らく記はそこを詰めずに、曖昧なまま置いたのだろう。地名譚さえあればいいのである。
 「懸木」はサガリキと訓まれる。宣長しかり、『時代別上代』しかりである。 しかし、「懸」の(古訓)〔類聚名義抄・観智院〕は、とりかけ。かかる。かく。たる。で「さがる」がないのが気にかかる。
 古事記はサガリキと読ませようとしたが、少なくとも書紀編者はそれを認めなかった可能性がある。 すると、カカリキが訛ってサガラカはこじつけが過ぎることになるから、懸木関連部分を取り消したのである。
《書紀がサガラカを排除した可能性》
 書紀では帰されたのは竹野媛一人で、地名譚は弟国だけで相楽郡はない。 実は書紀でも、最初は真砥野媛と竹野姫の二人が帰されることになっていたのかも知れない。 しかし、懸木への疑念に連動して、真砥野媛は帰されなくなった。 だから日葉酢媛はじめ三女王は皇子を生んだと書かれるが、真砥野媛には触れられないまま放置されたのである。  書紀が懸木と連動して真砥野媛を帰さなくしたとすれば、記を「相楽で円野比売が死に、乙訓で歌凝比売が死んだ」と読んだことになる。
《書紀の「葛野」》
 書紀に書かれた「羞其見返葛野自墮輿」は、 葛野で輿から落ちたと読める。よって、弟国と呼ばれるようになったと言う。
 葛野郡と乙訓郡は境界を接してはいるが、別の郡であるから、厳密に考えるとこの文には疑問がある。 しかし、もともと葛野は乙訓郡を含む地域で、 兄国と弟国に分かれ、兄国が葛野郡となったという説がある。それなら、書紀の文は無理なく成り立つ。
 そこで〈木簡データ〉を検索すると、弟国は計6件、 葛野は10数件見られるのに対し、兄国は皆無である。だから「葛野⇒兄国+弟国」説は、根拠を欠くと思われる。 下の【日本書紀(8)】で述べるように、そもそもここに「葛野」という語句があること自体に疑問がある。
…人名などを除外し、地名と見られるものだけを拾った。
《書紀の「竹野姫」》
 竹野姫という名前は、丹波国(後に分離して丹後国)の地名に因む。倭妙類聚抄に{丹後国・竹野郡・竹野}がある (丹波の竹野別) 。
 この名前は、既に開化天皇妃の名前に使われた(記:丹波の大県主の女・竹野比売、書紀:丹波の竹野姫)。 ここの竹姫は当然それとは別人であるが、もともと竹野の地にありふれた名前だったと想像するのは容易である。 歌凝比売が出てくる確実な伝説がなかったから、無難な名前にしたのかも知れない。
《伝説の広がり》
 相楽郡・乙訓郡にある式内社のご由緒に、この伝説に触れたものを探したが、見つからなかった。 ここが歌凝比売が飛び込んだ淵だというような言い伝えも、今のところ見つからない。 この話は、民衆的な広がりを欠いたままかも知れない。

【叫哭】
 熟語「叫哭」は〈汉典〉にはないが、〈中国古典〉を探すと、2例見つかった。 その一つが『太平広記』(977~984)の「杜子春」。「将軍且曰『吾不汝妻耶。令剉碓、従脚寸寸剉之。』妻叫哭愈急〔将軍はまた言った。「お前の妻に毒はやらない。剉碓(おしきり、刑罰具)によって足から粉々に刻む。」と。妻の叫哭すること、いよいよ急であった。〕とある。 この例を見ても単純に「叫ぶ」「哭(な)く」を続けたもので、熟語にはなっていないと思われる。

【多遅摩毛理】
 垂仁天皇段では多遅摩毛理が突然登場するが、後に応神天皇段において天之日矛からの系図が示される。 その系図は息長帯比売命(おきながたらしひめのみこと、神功皇后)まで及ぶ。
 書紀では、 垂仁天皇紀三年三月の条に記載される。 記と比較すると多遅摩斐泥(たじまびね)が省かれ、清日子が多遅摩毛理の弟から父に回っている。ただ、田道間守が天日槍の4世の孫とされところは同じである。 書紀では天日槍は、新羅国から七物の神物を持って帰化し、但馬国に居を定めた。
 田道間守という名前には、但馬国の財宝をもり(管理)する者という意味が込められているようである。

【登岐士玖能迦玖能木実】
田道間守の墓
 ときじくのかくのきのみ。書紀では「非時香菓(箇倶能未)〔ときじくのかぐのみ〕」と表記される。 また、大伴家持が記紀を読んで歌った歌に「時及能香久乃菓子/等伎自久能可久能木実〔ときじくのかくのこのみ〕」が見える(次項)。
 「ときじくの」には神仙思想における、不老不死の意味があると思われる。
 古代中国において蓬莱山など3山が、山東半島の東方にあり、仙人が住んでいるとされた。
 秦の始皇帝は蓬莱山に徐福(じょふく)を派遣し、仙術や不老不死の薬を求めさせた。 『史記』(司馬遷、前109~前91)に「臣東南至蓬萊山」(淮南衡山列伝)、 『漢書』(36~111年)には、 「使ハシ徐福海求メシム仙薬」(郊祀志下)、 「使ハシ徐福海求メシム神仙」(蒯伍江息夫伝) などと書かれる。
 この中国の伝説を受け、徐福がやってきたという伝説が日本国内の各地にある。したがって、神仙思想は日本にも広く知られていた。
 また、丹後国風土記の逸文の「浦嶼子」(うらしまこ)〔浦島太郎の原型〕に、亀が乙女に姿を変えて浦嶼子に語る中で、 「君、棹を廻らして蓬山(とこよのくに)に赴(ゆ)かさね」と言う。 この例から、丹後国では「常世の国」が蓬莱山と同一視されていたことが分かる。 丹後国の新井崎神社にも、徐福渡来伝説がある。
《橘》
タチバナの実タチバナの花
 は、万葉集には地名や枕詞を含め70首以上にでてくる。やはり不老不死の果実とされる桃の、8例に比べ、圧倒的に多い。 大変身近な植物であったことが分かる。 タチバナ(ミカン属、ミカン科)は日本原産で、分布域は中部地方から沖縄まで。直径2cmくらいの白い五弁花をつける。
 橘が貴ばれた理由は、『続日本紀』に見える。 〈天平八年〔736〕十一月二十五日条〉
廿五日御宴。天皇、誉忠誠之至。賜ハル杯之橘。勅曰「橘果子かく之長上、人之所ナリ好。 えだしのギテ霜雪而繁茂。葉経寒暑而不しぼにより珠玉共競光。交金銀いよいようるはし。 是以、汝姓者いましがかばねは、賜橘宿禰たちばなのすくね也。」 〔天皇は橘宿祢の忠誠の至りを誉め、杯に浮かべた橘を賜り、 「橘は果実の長上で人の好むところである。枝は霜雪をしのぎ繁茂し、葉は寒暑にしぼまず、珠玉(しゅぎょく)により輝きを競い、 金銀を交えいよいよ美しい。これにより、汝の姓は、橘宿祢を賜る。」と勅した。〕
 果実の美しさと共に常緑樹であったことが、尊ばれる理由であったことが分かる。  続紀によれば、元明天皇は養老五年〔721〕、遺詔により自らの薄葬を命じた中で、喪処に「棘を刈り、常葉之樹を殖えよ」と指示している (資料[3])。 「常葉之樹」、つまり常緑樹が尊ばれたのは、不老不死に通じるからであろう。
《橘寺》
 橘寺の近くに、厩戸豊聡耳皇子(聖徳太子)の生誕地があるとされる。厩戸皇子は橘豊日天皇(推古天皇)の第ニ子で、摂政となった。 天皇の名前は、この一帯の地名が「橘」だったことによると見られる。田道間守が、持ち帰った橘の実をこの地に蒔いたという伝説がある。 橘寺は佐紀村から離れているから、後世に橘寺の由緒として作られた類のものだろう。
 しかし、田道間守の伝説は記紀以前から存在し、それが各地の橘の繁茂地に広まっていたという想像も可能である。 それが、たまたま垂仁天皇段に取り入れられたのかも知れない。 となれば、飛鳥時代には垂仁天皇陵にも橘の樹が繁っていた可能性が高い。

【蔓八蔓矛八矛】
 大伴家持(おおとものやかもち、718?~785)は奈良時代の高級官僚・歌人。万葉集全4516首のうち473首が家持の作なので、その編纂に深く関わったと考えられている。
 家持が、記紀の田道間守を題材にして詠んだ歌がある。
(万)4111 田道間守 常世尓和多利 夜保許毛知 麻為泥許之登吉 時及能 香久乃菓子乎 たぢまもり とこよにわたり やほこもち まゐでこしとき ときじくの かくのこのみを
〔中略〕此橘乎 等伎自久能 可久能木實等 名附家良之母 このたちばなを ときじくの かくのこのみと なづけけらしも
 日本書紀には「八竿八縵」とあり、「さを」だが、家持は記のままに「ほこ」と詠んでいる。
 矛はもともとは武器であったが、もっぱら祭祀具として使われた。 伊邪那岐・伊邪那美が混沌たる地を掻いた天沼矛(あめのぬぼこ)から塩が垂れて固まり、オノコロ島となった。 書紀は天沼矛を「天之瓊【瓊玉也、此云努】矛」と表し、宝石製、または宝石で飾った棒状の祭祀具と見ている。 棒状の祭祀具は、神聖な「矛」に例えられたようだ。 橘の実は直径3cmほどであるが、それを突き通して飾るための棒を「矛」と呼んだのだろう。
 蔓・矛は同じような長さ・太さのものとイメージされ、違うところは蔓は橘の重みで湾曲し、矛は湾曲しないところだろう。書紀は本来の矛ではないところから、「竿」としたのかも知れない。 しかしそれは承知の上で、当時、記の「矛」はそのまま「ほこ」と訓まれたことが、家持の歌から分かる。
 最後は2組に分け、一方を皇太后に献上し、もう一方を天皇陵に飾った。 こうやって8蔓と8矛を用意したから、分けた後もそれぞれ8本という大切な数を保てるのである。

【三宅連】
 〈新撰姓氏録〉に〖右京/諸藩/新羅/三宅連/連/新羅国天日桙命之後也 〗〖摂津国/〔以下同じ〕 とされ、新羅国天日桙命の子孫とされるところは書紀に通ずる。
 みやけ(屯倉)は、もともと朝廷の御田から取れる穀類の倉庫を意味し、その御田や農民も指す。 当然のことながら、全国各地の屯倉ごとに「みやけ」を名乗る氏族があり得るわけで、『姓氏家系大辞典』(以下〈大辞典〉)によれば三宅は全国に65氏を数える。 そのうち、「日桙裔の三宅連」については、〈姓氏録〉天日桙の後裔にして、姓氏録、右京、及び摂津に貫するを以って、 本貫摂津かと思はるれど、何処の屯倉の首〔おびと〕なりしか詳しからず。〈/姓氏録〉とされる。

【陵】
 垂仁天皇は菅原之御立野中の陵に葬られた。書紀では菅原伏見陵と表記される。
 菅原伏見陵について、延喜式・五畿内志を調べる。
 ・延喜式神名帳に{大和国二百八十六座/添下郡十座/菅原神社}。比定社は菅原天満宮(奈良県奈良市菅原町518)。
 ・延喜式諸陵寮に「菅原伏見東陵纏向珠城宮御宇垂仁天皇。在大和国添下郡。兆域東西二町。南北二町。陵戸二烟。守戸三烟。
 『五畿内志』巻第十三「添下郡」(以下〈五畿内志〉)には、
 ・【神廟】菅原神社【菅原村今称天神
 ・【陵墓】菅原伏見東陵【垂仁天皇○在宝来村東…霊亀元年〔715〕夏四月充守陵三戸
とある。
 それでは、菅原はどこか。明治22年には、西大寺村、青野村、宝来村、疋田村、平松村、菅原村が統合され、伏見村となる。合併した村名伏見は「菅原伏見東陵」を記念する復古地名と見られる。 現在、奈良市内の地名に、宝来町、宝来、菅原町がある。
 よって平安時代にはここが菅原と呼ばれ、その古墳が菅原伏見東陵と呼ばれていたのは確実である。 そしてこの古墳一基の他、周囲には大きな古墳がないので、記紀の時代からこの古墳を菅原伏見陵としていたのであろう。
 陵の考古学名は宝来山古墳。墳丘長227mの前方後円墳で、佐紀盾列古墳群の南西方にある。 築造時期は5世紀初めとも4世紀半ばとも言われる。
 周濠の中にある小島は、田道間守の倍塚と伝わるが、無論伝説である。 周濠の南東のせり出し部分は、文久の修陵の際に広げられたもので、その結果それまで陸上にあった小山が、島となって残ったものだという (『天皇陵の謎』矢澤高太郎、P.107)。

【大后比婆須比売命】
 書紀では日葉酢媛命を皇后(おほきさき)、渟葉田瓊入媛・薊瓊入媛を妃(きさき)と呼んで区別している。 記においても比婆須比売を大后(おほきさき、皇太后)とするから、弟姫は妃の扱いだと思われる。
 ここでは、皇后が皇太后となった後の業績を書くのは初めてで、注目される。 さらに皇后陵を特記するのも、初めてである。
 奈良時代になり、藤原氏は閨閥として朝廷に皇后を送り込んで政権への影響力を行使した。 その皇后陵は、延喜式では天皇陵と同格に扱われる(資料-佐保山南陵【佐保山南陵・佐保山東陵】)
 ここでは、美知能宇斯王を後の藤原氏に準えていると見られる。
 一方、書紀では日葉酢媛命は垂仁天皇より前に薨じる設定になっている。そして、その陵に初めて人物埴輪を用い、土部連(はにべのむらじ)の創設も天皇が行ったこととされる (第110回《埴輪の由来(2)》)。
 この、記紀の間の記述の揺れは興味深い。一つの可能性としては、土師連の子孫が、皇太后ではなく天皇自らが定めた事にするように、望んだのかも知れない。
《狭木之寺間陵》
 書紀と延喜式には、狭木之寺間陵の記載がない。記は狭木という地名から見て、佐紀楯列古墳群のどれかに決めたと思われる。 〈五畿内志〉【陵墓】には、 日葉酢ヒハス姫命墓【在常福寺村事見古事記 とある。
 常福寺村は、明治9年〔1876〕近隣の4村と合併して佐紀村になった。 かつての佐紀村の区域は現在の佐紀町で、平城宮跡とその北の辺りである。
 佐紀町にある西蓮寺には、常福寺関連の石仏があり、その所在地は、 元禄12年〔1699〕の過去帳に「和州添下郡常福寺村西蓮寺」の記載があるという。 つまり、常福寺村は西蓮寺の周囲である。
 西蓮寺(佐紀町)の近くには、市庭古墳がある。五畿内志はどうやらこれを、日葉酢姫命墓と見做したようだ。 市庭古墳は円墳と思われていたが、もともとは全長253mの前方後円墳で、平城京を築くとき前方部が削られたことが判明した (奈良文化財研究所古代の遺跡破壊〉)。
 市庭古墳は、現在は宮内庁によって楊梅陵(やまもものみささぎ、第51代平城〔へいぜい〕天皇=824年崩御)に治定されている。 日葉酢姫陵については、明治8年〔1875〕に佐紀石塚山古墳(成務天皇陵)の隣にある佐紀陵山古墳が、狭木之寺間陵に治定された。
 このように、明治以来の治定は五畿内志とは異なっている。

【石祝作・土師部】
《土師部》
 土師部については、垂仁天皇紀三十二年七月条に、「喚上出雲國之土部壹佰人自領、土部等、取埴以造作人・馬及種種物形〔出雲から土部100人を呼び寄せ、埴輪を作らせた〕と書かれる (第110回《埴輪の由来(2)》)。  (べ)は、子代・御名代や豪族に服属するものと、特定の職業に従事する職業部に大別される。 (第116回《部とは》)。 垂仁天皇段に出てきた職業部は、これまでに鳥取部鳥甘部がある。
《石祝作》
 「石作」は国語辞典に載っているが、その仕事を石材建築一般と見るか、古墳を中心と見るかは事典によってニュアンスが異なる。 訓み方は、倭名類聚抄に地名として{山城国・乙訓郡・石作【以之都久利】〔いしつくり〕がある。 埴輪を作った土師部と並べて書いてあるから、「石祝作」は石作を指し、石棺・石室、あるいは葺石などを担当したのだろう。 それでは、石祝作の真ん中の字、「」は何だろう。
 万葉集に(万)2309 祝部等之 斎経社之 はふりらが いはふやしろの。 があるから、祝部という職業部も存在し、「はふり」と呼ばれたことがわかる。
 従って、石作はかつては同時に石祝(いしはふり)であって、石をまず祀り、その後に加工していたのかも知れない。 そして「いしはふりいしつくり」が簡略化して「いしつくり」になった後も、しばらく 祝の文字が残ったのかもしれない。 だから「祝」がハフリという音声を伴った可能性もあるが、ひとまずは確証のある「いしつくり」にしておくのが穏当であろう。

【陵が佐紀にあるという問題】
 崇神・垂仁・景行の三代の天皇は、柳本古墳群の地域を本拠とした。ところが、垂仁天皇陵だけは、皇后陵とともに佐紀にある。 佐紀楯列古墳群は、多くが宮内庁管理下にあり学術調査が及んでいない。 仮に、一般に言われるように5世紀初めごろとすると、まだ形象埴輪の段階である。 しかし、佐紀の古墳の時代がもう少し下り、仮に人物埴輪があれば、円筒古墳の時代の崇神陵・景行陵との対比から、垂仁天皇紀に埴輪由来譚があることが一定の意味を持つことになる。
 …『天皇陵の謎』(矢沢高太郎著)引用の、白石太一郎説など。

【垂仁天皇の実在性】
それぞれの皇子を祖とする氏族の一覧。
佐保山の戦い。
くぐい伝説。
品治部の由来。
出雲大神宮の造営。
閨閥としての旦波比古多多須美知宇斯王。
 右表は、垂仁天皇段の主な内容である。  歴史的事実として意味を持つのはだが、時系列上は和泉川の戦いの前段だと推定した。 は、開化天皇段の役割と同様である。 ③④⑤⑥は、初期のどの天皇のところに入れてもよい話である。実際、は書紀では崇神天皇紀に持って行った。
 全体的に天皇自身の事績は乏しく、いくつかの伝説の置き場となっている。 また、前項で見たように、陵の位置も不自然である。 崇神天皇は実在した初期の大王を数人混合したものと考えたが、垂仁天皇は再び架空性が強い。

【日本書紀(8)】
目次 《丹波五女》
葛野…〈倭名類聚抄〉{山城国・葛野郡・葛野【加度乃かどの
十五年春二月乙卯朔甲子、喚丹波五女、納於掖庭。
第一曰日葉酢媛、第二曰渟葉田瓊入媛、第三曰眞砥野媛、第四曰薊瓊入媛、第五曰竹野媛。
秋八月壬午朔、立日葉酢媛命爲皇后、以皇后弟之三女爲妃。
唯竹野媛者、因形姿醜、返於本土。
則羞其見返葛野自墮輿而死之、故號其地謂墮國、今謂弟國訛也。
皇后日葉酢媛命、生三男二女、
第一曰五十瓊敷入彥命、第二曰大足彥尊、第三曰大中姬命、第四曰倭姬命、第五曰稚城瓊入彥命。
妃渟葉田瓊入媛、生鐸石別命與膽香足姬命。
次妃薊瓊入媛、生池速別命・稚淺津姬命。

十五年(ととせあまりいつとせ)春二月(きさらぎ)乙卯(きのとう)を朔(つきたち)として甲子(きのえね)のひ〔10日〕、丹波(たには)の五(いつ)女(むすめ)を喚(め)し、[於]掖庭(えきてい、きさきのみや)に納(をさ)めたまふ。
第一(だいいちに、ひとつ)曰(いはく)日葉酢媛(ひばすひめ)といひ、第二(だいにに、ふたつ)曰渟葉田瓊入媛(ぬばたいりひめ)といひ、第三(だいさむに、みつ)曰真砥野媛(まとのひめ)といひ、第四(だいしに、よつ)曰薊瓊入媛(あざみにいりひめ)といひ、第五(だいごに、いつつ)曰竹野媛(たけのひめ)といふ。
秋八月壬午(みづのえうま)の朔、日葉酢媛命を立たして皇后(おほきさき)と為(し)たまひ、[以]皇后の弟(おとと)之(の)三(みたり)の女(むすめ)を妃(きさき)と為(し)たまへど、
唯(ただ)竹野媛者(は)、形姿(すがた)醜(みにくき)に因り、[於]本土(もとのくに)に返したまふ。
則(すなはち)其の見返(かへされしこと)を羞(は)ぢ、葛野(かどの)に自(みづから)輿(こし)より墮(お)ちて[而]死之(しにし)、故(かれ)其の地(ところ)を号(なづ)け墮国(おつくに)と謂(い)ひ、今に弟国(おとくに)と謂ふに訛(よこなまる)[也]。
皇后(おほみさき)日葉酢媛命、三(みたり)の男(みこ)、二(ふたり)の女(むすめ)を生みたまひ、
第一(だいいちに、ひとつ)曰(いはく)五十瓊敷入彦命(いにしきいりひこのみこと)といひ、第二曰大足彦尊(おほたらしひこのみこと)といひ、第三(だいさむに、みたり)曰大中姫命(おほなかひめのみこと)といひ、第四曰倭姫命(やまとひめのみこと)といひ、第五曰稚城瓊入彦命(わかきにいりひこのみこと)といふ。
妃(きさき)渟葉田瓊入媛(ぬばたにいりひめ)、鐸石別命(ぬてしわけのみこと)与(と)胆香足姫命(いかたらしひめのみこと)とを生みたまふ。
次に妃薊瓊入媛(あざみにいりひめ)、池速別命(いけはやわけのみこと)、稚浅津姫命(わかあさつひめのみこと)を生みたまふ。

《羞其見返葛野自墮輿》
 〔はづかしむ〕の目的語は、「其見返〔その返されしこと〕である。 決して「それを羞しみ、葛野を見返る」という文ではない。もしその意味にしたい場合は「羞其」ではなく「羞之」とする。 また、「自墮輿」は「みづから輿を墮つ」、つまり自ら輿を飛び降りて自殺したという意味だろうが、 この語順だと普通は「輿を堕とす」という他動詞になるので、もともとは「自輿墮〔輿より堕つ〕だったように思える。
 葛野については、ひとまず一文字を補い「于葛野〔葛野の地に於いて〕と解釈した。 「于」がなければ、葛野は文法上の位置を失う。
 以上から、この文は本来「羞其所見返而于葛野躬自輿墮」とするのが適切なのではないかと思う。 原文に見られる構文の混乱は、「葛野」が不用意に紛れ込んだためではないかと思わせる。 つまり、漢文の知識を欠く者が、「見返」の目的語として勝手に「葛野」を挿入したのでは ないかと思うのである。
《大意》
 十五年二月十日、丹波の五女を召し、後宮に納められました。 その第一は日葉酢媛(ひばすひめ)、第二は渟葉田瓊入媛(ぬばたにいりひめ)、第三は真砥野媛(まとのひめ)第四は薊瓊入媛(あざみにいりひめ)、第五は竹野媛(たけのひめ)と言われます。
 八月一日、日葉酢媛命を皇后とされ、皇后の妹、三人の息女を妃とされましたが、 唯一竹野媛だけは、、姿形が醜いので、元の国に帰されました。
 そこで、その帰されたことを恥じ、葛野で自ら輿から落ち、死にました。故にその地を墮国(おつくに)と名付け、今は訛って弟国(おとくに)といいます。
 皇后の日葉酢媛命は、三男二女を生みなされ、 第一は五十瓊敷入彦命(いにしきいりひこのみこと)、第二は大足彦尊(おほたらしひこのみこと)、第三は大中姫命(おほなかひめのみこと)、第四は倭姫命(やまとひめのみこと)、第五は稚城瓊入彦命(わかきにいりひこのみこと)と言われます。
 妃の渟葉田瓊入媛(ぬばたにいりひめ)は、鐸石別命(ぬてしわけのみこと)と胆香足姫命(いかたらしひめのみこと)を生みなされました。
 次に妃薊瓊入媛(あざみにいりひめ)は、池速別命(いけはやわけのみこと)と稚浅津姫命(わかあさつひめのみこと)を生みなされました。

【日本書紀(25)】
25目次 《田道間守及天皇崩》
九十年春二月庚子朔、天皇命田道間守、遣常世國、令求非時香菓。
【香菓、此云箇倶能未。今謂橘是也。】

九十年(ここのそとせ)春二月(きさらぎ)庚子(かのえね)の朔(つきたち)、天皇(すめらみこと)田道間守(たぢまもり)に命(おほせごと)し、常世国(とこよのくに)に遣(つか)はし、非時香菓(ときじくのかぐのみ)を求め令(し)む。
【香菓、此(これ)箇倶能未(かぐのみ)と云ふ。今に橘(たちばな)と謂ふは是(これ)也(なり)。】

…[動] そろえて差し出す。もたらす。(古訓)もつ。
齎持…(古訓)つつみもつ。
悲歎…〈汉典〉[sign mournfully] 悲傷歎息。〔悲しい様を表す〕
九十九年秋七月戊午朔、天皇崩於纏向宮、時年百卌歲。
冬十二月癸卯朔壬子、葬於菅原伏見陵。

九十九年(ここのそとせあまりここのとせ)秋七月(ふみづき)戊午(つちのえうま)の朔、天皇[於]纏向宮(まきむくのみや)に崩(ほうず、かむあがりす)、時に年(みとし)百四十歳(ももとせあまりよそとせ)。
冬十二月(しはす)癸卯(みづのとう)朔壬子(みづのえね)〔十日〕、[於]菅原伏見(すげはらのふしみ)の陵(みささぎ)に葬(はぶ)りまつる。

明年春三月辛未朔壬午、田道間守至自常世國、則齎物也、非時香菓八竿八縵焉。
田道間守、於是、泣悲歎之曰
天朝…〈汉典〉封建時代臣下称本朝的朝廷;藩属尊-称宗主〔臣下が仕える朝廷を称す。諸侯による宗主への尊称。〕
弱水…〈汉典〉伝説中仙境的河流。後泛指遙遠的地方〔伝説中の仙境の川の流れ。後に泛(あまね)く遥か遠い地方を指す〕
…[名] 風習。世間。(上代語)せぞく。ぞくじ。
…[動] いたる。(古訓)いたる。
神仙…(古訓)のいきほとけ。〔~の生き仏〕
仙人…(上代語)せんにん。ひじり。〈丙本〉比志利。
…秘の異体字。
秘区…〈丙本〉加久礼太留久爾。〔隠れたる国〕
…(古訓) あふ。心さす。まつ。
…[動] しのぐ。こえる。(古訓)はけし。
…〈汉典〉overflowing; waves,ripple。(古訓)なみ。ささらなみ。
…(古訓)たより。たのむ。
みたまのふゆ(恩頼、神霊)…[名] おかげ。神または天皇の加護をほめていう。 〈丙本〉頼聖帝之神霊【比志利乃美加止〟乃美太沫不由】〔ひじりのみかどのみたまふゆ〕
「受命天朝、遠往絶域、萬里蹈浪、遙度弱水。
是常世國、則神仙祕區、俗非所臻。
是以、往來之間、自經十年、
豈期、獨凌峻瀾、更向本土乎。
然、頼聖帝之神靈、僅得還來。
今天皇既崩、不得復命、臣雖生之、亦何益矣。」
乃向天皇之陵、叫哭而自死之。
群臣聞皆流淚也。
田道間守、是三宅連之始祖也。

明年(あくるとし)春三月(やよひ)辛未(かのとひつじ)を朔(つきたち)とし壬午(みづのえうま)のひ〔12日〕、田道間守(たぢまもり)常世国(とこよのくに)自(よ)り至(いた)り、則(すなは)ち齎(つつみもちし)物(もの)は[也]、非時香菓(ときじくのかぐのみ)八竿(やさを)八縵(やかげ)焉(なり)。
田道間守、於是(ここに)、泣き悲歎(なげきまつらく)[之曰]
「天朝(てむてう、あまつみかど)に命(おほせこと)を受け、遠(とほく)絶域(ぜついき、しらぬくに)に往(ゆ)き、万里(ばむり、よろづさと)浪(なみ)を蹈(ふ)み、遙(はるか)弱水(じやくすい、をちのかは)を度(わた)る。
是(これ)常世国(とこよのくに)にして、則(すなはち)神仙(しむせむ、ひじり)の秘区(かくれたるくに)なりて、俗(せぞく、よのひと)の非所臻(いたるところにあらず)。
是以(ここに)、往来之(ゆきかへりし)間(ま)、自(おのづから)十年(ととせ)を経(へ)、
豈(あに)、独(ひとり)峻(さがしき)瀾(なみ)を凌(こ)え、更(さらに)本土(もとのくに)に向(むかはむ)と期(こころざす)乎(や)。
然(しかれども)、聖帝(ひじりのみかど)之(の)神霊(みたまのふゆ)に頼(よ)り、僅(わづかに)得(え)還来(かへりまつりけり)。
今天皇既に崩(かむあがりしたまひ)、不得復命(えかへりことまをさず)、臣(やつかれ)雖生之(いけども)、亦(また)何(いかに)益(みつ)矣(や)。」となげきまつり、
[乃ち]天皇之(の)陵(みささき)に向ひて、叫び哭(な)きて[而]自(みづから)死[之](し)にまつりき。
群臣(きむたち)これを聞きて、皆涙を流す[也]。
田道間守、是(これ)三宅連(みやけのむらじ)之(の)始祖(はじめのおや)也(なり)。

《大意》
 九十年二月一日、天皇は田道間守(たぢまもり)に命じ、常世(とこよ)の国に遣わし、非時香菓(ときじくのかぐのみ)を求めさせられました。 【今の橘の実を言います。】
 九十九年七月一日、天皇は纏向宮(まきむくのみや)に崩御しました。時に御年百四十歳でした。
 十二月十日、菅原伏見(すがわらのふしみ)の陵に葬られました。
 明年三月十二日、田道間守は常世国より戻り、齎持(つつみもった)のは、時じくの香菓(かぐのみ)の八竿(やさお)八縵(やかげ)でした。 田道間守は、泣きながらこのように悲嘆しました。 「天朝に命(めい)を受け、遠く絶域に往(ゆ)き、万里の波を踏み、遙かに弱水(じゃくすい)〔仙郷の川〕を渡り、 これ常世の国、即ち神仙の秘区にして、世俗の人の至るところに非ず。
 ここに往来するに、いつの間にか十年を経ました。 どうやって独り険しい波を越え、更に本国に向うことを望み得ましょうか。
 けれども、聖帝の恩恵により、わずかに帰ってくることができました。 今、天皇は既に崩じ、復命することができず、臣が生きていても、これ以上どうやって満たされることがありましょうか。」と。
 そして天皇の陵に向かい、泣き叫び、自ら死にました。 居並ぶ公卿(こうけい)はこれを聞き、皆涙を流しました。
 この田道間守は、三宅連(みやけのむらじ)の始祖です。


まとめ
 垂仁天皇陵は柳本古墳群から突然離れるので、適当に古墳を宛がった印象を受ける。 しかし改めて考えてみると、離れているが故に意味がありそうである。 
 というのは、崇神朝は農業振興のための土木工事と税制度の創始した。 また景行朝のときは日本武尊を派遣し、地上の戦争によって日向国と東国の領土を獲得する。 だから崇神天皇陵・景行天皇陵の地は、現実政治と強く結びついている。
 ところが両朝の谷間の垂仁朝では、誉津別命に言葉を与えないという懲罰を受けて、出雲大神の宮を造営する。 また領土拡張戦争は行わず、白鳥を追う大鷹の足取りによって、当時の領土の境界を確認するだけである。 このように垂仁朝は現実政治と一線を画する安らぎの時期であり、精神世界に戻って国譲りの際の約束を果たす時期でもある。
 また、橘の尊さの由来を示す神話や、丹波から嫁いだ女王の逸話なども盛り込む。 ただこれらは、実在の天皇としての印象を薄める原因にもなるのであるが。
 このような観点で見ると、菅原伏見東陵は、柳本古墳群や佐紀楯列古墳群のように山麓に密集して造営された陵とは立地が異なり、 孤高の陵であることが注目される。この陵は草原のど真ん中に美しい姿を見せる。それは地上の俗事から離れ、神との直接の繋がりを持つ清浄さに相応しい。 これが、菅原の古墳を垂仁天皇陵に宛てた理由ではないだろうか。
 そう考えると、広大なの平御立ちする中の陵という呼び名の意味が浮かび上がってくる。 そして陵の上には常緑の橘が美しく茂り、黄金の実をいっぱいつけていたのだろう。
 


[122]  中つ巻(景行天皇1)