2017.09.23(sat) 仁徳天皇紀五十八年・陵守の歴史。
2017.09.12(tue) 古事記下つ巻(仁徳天皇13)・雁の産卵地。
2017.09.05(tue) 古事記下つ巻(仁徳天皇12)・「死刑」の訓みは?
2017.08.30(wed) 古事記下つ巻(仁徳天皇11)・隼別皇子・雌鳥皇女の逃走経路は。
2017.08.25(fri) 古事記下つ巻(仁徳天皇10)・八田若郎女を巡る謎。
2017.08.14(mon) 古事記下つ巻(仁徳天皇9)・古事記の大らかさを咎める日本書紀。
2017.08.10(thu) 古事記下つ巻(仁徳天皇8)・戯画的なエピソード。
2017.08.05(sat) 古事記下つ巻(仁徳天皇7)・大后石之日売命の足取りを探る。
2017.07.24(mon) 古事記下つ巻(仁徳天皇6)・再び大王持ち回り制について。
2017.07.19(wed) 古事記下つ巻(仁徳天皇5)・大后の嫉妬の影に氏族対立か。
2017.07.16(sun) 古事記下つ巻(仁徳天皇4)・農民の生活水準の向上。
2017.07.07(fri) 古事記下つ巻(仁徳天皇3)・難波周辺の土地の生産力の向上。
2017.06.18(sun) 古事記下つ巻(仁徳天皇2)・これまでは諸族の大王持ち回り制か。
2017.06.10(sat) 古事記下つ巻(仁徳天皇1)・仁徳天皇の前の隠された王朝が。
2017.06.03(sat) 古事記中つ巻(応神天皇13)・応神天皇の実在性。
2017.05.20(sat) 古事記中つ巻(応神天皇12)・応神朝の後、継体天皇まで上代の南北朝か。
2017.05.11(thu) 古事記中つ巻(応神天皇11)・意味不明な上代語に迫る。
2017.05.08(mon) 古事記中つ巻(応神天皇10)・天之日矛到来の真実を探る。
2017.04.30(sun) 古事記中つ巻(応神天皇9)・阿加流比売神と比売碁曽神。-古事記top
2017.04.17(mon) 古事記中つ巻(応神天皇8)・仁徳天皇即位の真相。-古事記top
2017.04.08(sat) 古事記中つ巻(応神天皇7)・反逆の皇子を葬る那羅山墓。-古事記top
2017.04.06(thu) 古事記中つ巻(応神天皇6)・大山守命が詠んだ歌の意味。-古事記top
2017.03.27(mon) 古事記中つ巻(応神天皇5)・秦氏の展開は史実である。-古事記top
2017.03.17(fri) 古事記中つ巻(応神天皇4)・品陀別天皇と大雀皇子との確執。-古事記top
2017.03.10(fri) 古事記中つ巻(応神天皇3) ・書紀に収められなかった歌。 -古事記top
2017.03.05(sun) 古事記中つ巻(応神天皇2) ・大山守命の反乱の伏線。 -古事記top
2017.02.28(tue) 古事記中つ巻(応神天皇1) ・応神天皇における史実と伝説。 -古事記top
2017.02.16(thu) 古事記中つ巻(続仲哀天皇3) ・神功天皇紀の形成過程を見る。 -古事記top
2017.02.13(mon) 神功皇后紀(6) ・神功皇后記に書かれた年代。 -古事記top
2017.01.29(sun) 神功皇后紀(3) ・葛城襲津彦の真相。 -古事記top
2017.01.21(sat) 古事記中つ巻(神功皇后7) ・「酒楽」の訓みは。 -古事記top
2017.01.16(mon) 古事記中つ巻(神功皇后6) ・易名伝説の真意とは。 -古事記top
2017.01.07(sat) 古事記中つ巻(神功皇后5) ・「沙沙那美」はどこか。 -古事記top
2016.12.29(thu) 古事記中つ巻(神功皇后4) ・再びの東征伝説。 -古事記top
2016.12.14(wed) 古事記中つ巻(神功皇后3) ・征韓神話の成立過程を探る。 -古事記top
2016.11.23(wed) 古事記中つ巻(神功皇后2) ・神功皇后征韓神話の歴史への作用。 -古事記top
2016.10.30(sun) 古事記中つ巻(神功皇后1) ・天照大神と筒男三大神の役割。 -古事記top
2016.10.20(thu) 古事記中つ巻(仲哀天皇2) ・書紀における原注の性格とは… -古事記top
2016.10.12(wed) 古事記中つ巻(仲哀天皇1) ・香椎宮に移ったとされる意味。 -古事記top
2016.10.01(sat) 古事記中つ巻(成務天皇1) ・そこには書かれざる事件が… -古事記top
2016.09.26(mon) 古事記中つ巻(続景行天皇4) ・纏向政権の終結。 -古事記top
2016.09.24(sat) 古事記中つ巻(倭建命11) ・建部は、白鳥を神とする教団か。 -古事記top
2016.09.14(wed) 古事記中つ巻(倭建命10) ・倭建命一族の行く末は? -古事記top
2016.08.27(sat) 古事記中つ巻(倭建命9) ・三重郡では倭建命の影は意外に薄い。 -古事記top
2016.08.18(thu) 古事記中つ巻(倭建命8) ・ヤマトタケルの原型伝説を探る。 -古事記top
2016.08.07(sun) 古事記中つ巻(倭建命7) ・熱田神宮縁起が書かれたのはいつか。 -古事記top
2016.07.23(sat) 古事記中つ巻(倭建命6) ・酒折宮は連歌の発祥の地。また東国造は存在したか? -古事記top
2016.07.09(sat) 古事記中つ巻(倭建命5) ・向かい火伝説の舞台は焼津だとされているが… -古事記top
2016.07.02(sat) 古事記中つ巻(倭建命4) ・「蝦夷」の意味を探る。 -古事記top
2016.06.26(sun) 古事記中つ巻(倭建命3) ・詐刀伝説は、古事記ではここにある。 -古事記top
2016.06.24(fri) 古事記中つ巻(倭建命2) ・ここで名前の「建」が転化するが… -古事記top
2016.06.18(sat) 古事記中つ巻(倭建命1) ・熊襲建は本当は一人か。-古事記top
2016.06.04(sat) 古事記中つ巻(景行天皇3) ・倭建命に悪意を持った書き方は何故?-古事記top
2016.05.24(tue) 古事記中つ巻(景行天皇2) ・東国進出に纏わる謎に迫る。-古事記top
2016.05.15(sun) 高橋氏文 ・磐鹿六鴈伝説を読む。-古事記top
2016.05.08(sun) 古事記中つ巻(景行天皇1) ・太子が三人いることの意味を探る。-古事記top
2016.04.20(wed) 上代語で読む日本書紀(垂仁天皇3) ・出石の小刀の不思議な旅。
2016.04.17(sun) 上代語で読む日本書紀(垂仁天皇2) ・日本書紀−垂仁天皇紀2
2016.04.11(mon) 上代語で読む日本書紀(垂仁天皇1) ・古事記と並行して日本書紀を読み進めます。
2016.04.03(sun) 古事記中つ巻(垂仁天皇6) ・菅原伏見東陵の立地の謎を解く。-古事記top
2016.03.26(sat) 古事記中つ巻(垂仁天皇5) ・品牟都和気命と瀬戸内海文化圏との関係。-古事記top
2016.03.19(sat) 古事記中つ巻(垂仁天皇4) ・品牟都和気命の伝説。-古事記top
2016.03.12(sat) 寛治三年七月越後絵 ・平安時代の越後平野は海だったらしい。-古事記top
2016.03.05(sat) 古事記中つ巻(垂仁天皇3) ・伝説の黒髪山。-古事記top
2016.02.25(thu) 古事記中つ巻(垂仁天皇2) ・佐保丘陵に遺された歴史。-古事記top
2016.02.18(thu) 佐保山南陵 ・佐保姫の出身地に葬られた奈良時代の天皇。-古事記top
2016.02.04(thu) 古事記中つ巻(垂仁天皇1) ・鳥見山古墳群の大王陵が無視されている理由。-古事記top
2016.01.12(tue) 古事記中つ巻(崇神天皇6) ・出現期の大王級前方後円墳の謎。-古事記top
2015.12.31(wed) ちょっと寄り道 ・倭の五王の時代の半島情勢。-古事記top
2015.12.14(mon) 古事記中つ巻(崇神天皇5) ・和邇氏の真実に迫る。-古事記top
2015.11.28(sat) 古事記中つ巻(崇神天皇4) ・泉津は北の玄関口であった。-『古事記をそのまま読む』
2015.11.12(thu) 古事記中つ巻(崇神天皇3) ・崇神天皇は実は地祇系らしい。-『古事記をそのまま読む』
2015.10.22(thu) 古事記中つ巻(崇神天皇2) ・これは下克上?大物主大神は、天照大神を…。-『古事記をそのまま読む』
2015.10.10(sat) 古事記中つ巻(崇神天皇1) ・埴輪の起源は殉葬の禁止?-『古事記をそのまま読む』
2015.09.22(tue) 古事記中つ巻(綏靖天皇〜開化天皇8) ・「欠史八代」とは何であったか。-『古事記をそのまま読む』
2015.08.25(tue) 古事記中つ巻(綏靖天皇〜開化天皇7) ・武内宿祢の出身と、一族の展開を探る。-『古事記をそのまま読む』
2015.07.29(wed) 古事記中つ巻(綏靖天皇〜開化天皇6) ・吉備氏族と天孫族との関係は。-『古事記をそのまま読む』
2015.07.14(tue) 古事記中つ巻(綏靖天皇〜開化天皇5) ・独立系氏族は制圧された。 -『古事記をそのまま読む』
2015.07.01(wed) 古事記中つ巻(綏靖天皇〜開化天皇4) ・掖上には独立系氏族が。 -『古事記をそのまま読む』
2015.06.11(thu) 古事記中つ巻(綏靖天皇〜開化天皇3) ・興味深い「軽」の地。 -『古事記をそのまま読む』
2015.05.29(fri) 古事記中つ巻(綏靖天皇〜開化天皇2) ・初期の「天皇陵」は根拠を欠く。 -『古事記をそのまま読む』
2015.05.24(sun) 古事記中つ巻(綏靖天皇〜開化天皇1) ・欠史八代の意味。 -『古事記をそのまま読む』
2015.05.09(sat) 古事記中つ巻(神武天皇6) ・記紀の神武天皇を読了。 -『古事記をそのまま読む』
2015.04.22(wed) 古事記中つ巻(神武天皇5) ・2代目には半分出雲系の血が -『古事記をそのまま読む』
2015.04.17(fri) 古事記中つ巻(神武天皇4) ・書紀で地名が増やされた理由 -『古事記をそのまま読む』
2015.03.19(thu) 古事記中つ巻(神武天皇3) ・「行く」の下二段活用はあるか? -『古事記をそのまま読む』
2015.03.06(fri) 古事記中つ巻(神武天皇2) ・熊野村はどこ? -『古事記をそのまま読む』
2015.02.19(thu) 古事記中つ巻(神武天皇1) ・中巻開始。-『古事記をそのまま読む』
2015.01.30(fri) 古事記上つ巻(山幸彦海幸彦8) ・上巻読了。-『古事記をそのまま読む』
2015.01.26(mon) 古事記上つ巻(山幸彦海幸彦7) ・「海境を塞ぐ」の意味。-『古事記をそのまま読む』
2015.01.18(sun) 古事記上つ巻(山幸彦海幸彦6) ・隼人とは何か。>
2015.01.17(sat) 『古事記をそのまま読む』 ・入口ページを設置しました。
2015.01.10(sat) 古事記上つ巻(山幸彦海幸彦5) ・古代から、高潮や津波は自然による脅威であった。
2015.01.03(sat) 古事記上つ巻(山幸彦海幸彦4) ・鯛のさまざまな別名は何を意味するか。
2014.12.20(sat) 古事記上つ巻(山幸彦海幸彦3) ・動詞「欲り」はラ行変格活用か。
2014.12.03(wed) 古事記上つ巻(山幸彦海幸彦2) ・海神(わたつみ)の住む国は、海底か海の彼方か。
2014.11.23(sun) 古事記上つ巻(山幸彦海幸彦1) ・ここでは(の)る・(まを)すを用いず謂う・云うを用いる理由。
2014.11.16(sun) 古事記上つ巻(天降り7) ・日本書紀の訓読は、敢えて当時より古い時代の日本語を使ったらしい。
2014.11.06(thu) 古事記上つ巻(天降り6) ・「目合」を「まぐわい」と読む根拠を探る。
2014.10.31(sat) 古事記上つ巻(天降り5) ・伊勢国一志郡にも海洋氏族が…。
2014.10.25(sat) 古事記上つ巻(天降り4) ・天照の国の誕生の謎に迫る。
2014.10.15(wed) 古事記上つ巻(天降り3) ・天降りをどう書くかをめぐって諸族の勢力争いが。
2014.10.01(wed) 古事記上つ巻(天降り2) ・天宇受売(あめのうずめ)の再度の活躍。しかし…
2014.09.26(fri) 古事記上つ巻(天降り1) ・天降りが天御子から天孫に変更された理由を探る。
2014.09.23(tue) 古事記上つ巻(国譲り10) ・大国主の最後の抵抗。
2014.09.16(tue) 古事記上つ巻(国譲り9) ・国譲り神話の真相に迫る。
2014.09.05(fri) 古事記上つ巻(国譲り8) ・事代主の登場は、奈良盆地南部の制圧の歴史を暗示している。
2014.08.31(sun) 古事記上つ巻(国譲り7) ・最後に派遣したのは最も恐ろしい神であった。
2014.08.24(sun) 古事記上つ巻(国譲り6) ・古事記の歌謡に、掛詞を用いた可能性を見る。
2014.08.15(fri) 古事記上つ巻(国譲り5) ・「美濃国藍見河の河上の喪山」は美濃市? それとも不破郡垂井町?
2014.08.02(sat) 古事記上つ巻(国譲り4) ・漢文法と和文表記法の接点を探る。
2014.07.28(mon) 古事記上つ巻(国譲り3) ・雉を詰問使に立て、地上に向かって飛ばすが…
2014.07.13(sun) 古事記上つ巻(国譲り2) ・神話は、古い事実の痕跡と空想の複合物である。
2014.07.07(mon) 古事記上つ巻(国譲り1) ・歴史的事実の反映と、神話創作の間。
2014.06.25(wed) 古事記上つ巻(大国主命15) ・朝廷の官僚には新羅系の豪族も…
2014.06.15(sun) 古事記上つ巻(大国主命14) ・大物主のポジションはどこか?
2014.05.30(fri) 古事記上つ巻(大国主命13) ・「娶」を「めあふ」でよいのか?
2014.05.20(tue) 古事記上つ巻(大国主命12) ・助動詞が示す酔っ払いの言葉。
2014.05.17(sat) 古事記上つ巻(大国主命11) ・本筋から離れた歌謡を取り入れる意味は?
2014.05.14(wed) 古事記上つ巻(大国主命10) ・沼奈河比売の歌に見る文学性。
2014.05.13(tue) 古事記上つ巻(大国主命9) ・上古のやまとことばを勉強します。
2014.05.12(mon) (大国主命6)一部修正 ・枕詞「ももたらず」が暗示するもの。
2014.05.10(sat) 古事記上つ巻(大国主命8) ・国譲りの交換条件は、本当に天孫による神殿の建設か。
2014.05.05(mon) 古事記上つ巻(大国主命7) ・「期」を「ちぎり」と読む根拠を探る。
2014.04.28(mon) 古事記上つ巻(大国主命6) ・古事記執筆者の悩み〜政治的意図と神話の真実の間で。
2014.04.18(fri) 古事記上つ巻(大国主命5) ・須佐之男命が、婿にこれほどの試練を与えるのは何故か?
2014.04.12(sat) 古事記上つ巻(大国主命4) ・本居宣長は、ネズミの家族に儒教道徳を見出そうとするが…
2014.04.07(mon) 古事記上つ巻(大国主命3) ・江戸時代に、飛鳥時代の言語を再現しようとしたのであるが…
2014.04.01(tue) 古事記上つ巻(大国主命2) ・蛤貝が「うむ貝」と読まれる根拠は?
2014.03.27(thu) 古事記上つ巻(大国主命1) ・因幡の白兎は、なぜ日本書紀で無視されたのか?
2014.03.21(fri) 古事記上つ巻(速須佐之男命11) ・日本書紀の一書に、古事記を訂正・補足する機能も
2014.03.11(thu) 古事記上つ巻(速須佐之男命10) ・須佐之男の功績と罪
2014.03.02(sun) 古事記上つ巻(速須佐之男命9) ・草薙の剣の不思議な旅を探る
2014.02.19(wed) 古事記上つ巻(速須佐之男命8) ・八俣大蛇(やまたのおろち)の実像に迫る
2014.02.10(mon) 古事記上つ巻(速須佐之男命7) ・速須佐之男の本当の出自は?
2014.02.04(tue) 古事記上つ巻(速須佐之男命6) ・政権を支える氏族、中臣・忌部が意地の張り合いか?
2014.01.28(tue) 古事記上つ巻(速須佐之男命5) ・天照大御神は、本当は一度死ぬ。
2014.01.19(sun) 古事記上つ巻(速須佐之男命4) ・「係り結び」が表現する肉親の情。
2014.01.15(wed) 古事記上つ巻(速須佐之男命3) ・宗像氏は、朝廷と付かず離れずの関係らしい。
2014.01.12(sun) 古事記上つ巻(速須佐之男命2) ・占いの結果、スサノヲは清心? 濁心?
2014.01.08(wed) 古事記上つ巻(速須佐之男命1) ・民族の記憶に残る卑弥呼の影が、天照に反映?
2014.01.04(sat) 古事記上つ巻(伊邪那岐・伊邪那美12) ・すさのを…記は同情し、紀は暴君として断罪。
2013.12.30(mon) 古事記上つ巻(伊邪那岐・伊邪那美11) ・神功皇后と卑弥呼
2013.12.21(sat) 古事記上つ巻(伊邪那岐・伊邪那美10) ・イザナギの禊の場所はどこか?
2013.11.30(sat) 古事記上つ巻(伊邪那岐・伊邪那美9) ・久しぶりに原稿を追加しました。
2013.09.28(sat) 古事記上つ巻(伊邪那岐・伊邪那美8) ・伊邪那岐は黄泉の国を脱出しました。
2013.05.31(fri) 古事記上つ巻 ・ついに本文解読に突入しました。
2013.05.05(sun) 古事記序文 ・「得一・通三」の出典を突き止めました。
2013.03.29(fri) 三角縁神獣鏡 ・黒塚古墳 について加筆しました。
2013.03.24(sun) 会稽東冶之東 について加筆しました。
2013.03.23(sat) 一万二千里 について加筆しました。
2013.03.21(thu) 景初二年問題 について加筆しました。
2013.03.18(mon) 侏儒国 について加筆しました。
2013.03.17(sun) ・海南島への漂着 ・木製高坏 について加筆しました。